放射線の技術で人の役に立ちたい「子宮筋腫岡山UAEセンター 田頭周一院長」

2018/12/23
インタビュー

岡山市内にある「子宮筋腫岡山UAEセンター」は子宮筋腫に悩む全国各地の女性が集まるクリニックである。

このクリニックの院長である田頭周一先生は、たくさんの人にUAEの治療を受けてほしいとクリニックを開業したそうだ。

今回は田頭院長に医療への思いや自身の歩みなどをたくさん語っていただいた。

身近な人を助けたいと医療の道に


Q1,医師を目指すようになったきっかけについてお聞かせください。

私は子供の頃、病気がちで、毎月のように熱を出して、その度に病院に駆け込むことになり、親の仕事などの予定を狂わせていたと聞いて育ちました。でもその医療のおかげで育つことができたんだと思います。

親だけで無く親族に医師は居ませんでした。私のことだけではなく、身のまわりの人の具合が悪くなったときには相談する相手も居なくてその都度不安になっていました。この状況が私に影響したと思います。

よく聞く話として、誰かのために役立ちたいからと医師を志したというのとは違って、お恥ずかしい話なのですが、私の場合は身内に医師が居なかったから身内やその近くに居る人の役に立つのではないかと考えたのが始まりなのです。きっかけはそうなのですが、人の役に立つ仕事をしたい気持ちは根っこにありました。

Q2,放射線科という医療分野に興味を持った理由についてお聞かせください。

どの診療科を選んでも誰かの役に立つだろうと思っていたので、何科の医師になろうと決めていたわけではありませんでした。そんな中で、学生時代に私に声を掛けて下さった放射線科の先生が居ました。その先生に話を聞くうちに、放射線科が画像診断を通して全身の病態を診断することができ、他の診療科の役に立てる仕事であると知りました。

診断だけではなく治療をすることが医師の本文と思っていた私でしたので、画像診断だけでよいのだろうかと立ち止まりもしましたが、その先生のご専門であったIVR(画像下治療)という新しい手法を用いて治療もできると知るようになって、強く放射線科の診療に興味を持ちました。画像機器の進歩する時代背景もあって、これからは放射線科が医療現場で大きな役割を担うようになるとも感じました。

やりがいを知り放射線科のプロへ


Q3,田頭様にとって恩師がいらっしゃれば、その方との出会いや、その方との関わりの中での意識の変化などについて教えてください。

私が放射線科医になったのは母校の岡山大学で今は病院長になっておられる現教授のおかげです。この先生がまだ放射線科の助手だった当時、学生だった私を放射線科に誘って下さいました。

正直な事を言うと、学生時代の私は放射線科の診療内容について詳しく知りませんでした。恩師から放射線科のすばらしさややりがいを伺ううちに、私はすっかり放射線科に気持ちをひかれるようになりました。そして実際に放射線科医になって、恩師が他科の医師とのやり取りやIVR(画像下治療)の手技を実践して下さり、手ほどきして下さって、今の私があります。恩師は多くの方からの信頼が厚く、私のお手本でした。自分の師匠が昇進されて教授になられた時には私もとても嬉しかったです。これからもたくさんの功績を残されて沢山の人を救うのだと思います。

Q4,放射線科医になって実際に患者様と向き合ってみて初めて気づいたことがあればお聞かせください。

放射線科医は患者さん目線から言えばマイナーです。病院に行ってまず初めにかかる科ではないでしょう。放射線科に診療放射線技師が居ることは広く知られていると思いますが、放射線科に医師が居ることは多くの人には知られていないと感じます。職業を尋ねられて、放射線科医ですと言うと、レントゲンを撮る人(放射線技師)ですねと言われることがしばしばあります。

放射線科医が患者さんと会うときとは、多くの場合、他科の医師から紹介された時です。癌の治療に関わることが多い診療科です。病状が重い人が少なくないです。私もIVRの技術を用いて多くの癌治療をしてきました。そんな中で、子宮筋腫という良性の疾患にもIVR技術で治療ができることを知り、その効果の高さに感動し、一人でも多くの人にこの治療を知って頂いて、受けて頂きたいと思うようになりました。

今は子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術(UAE)を専門に施術していますが、放射線科の技術が沢山の人に役立つのだと嬉しく思っています。

患者さんの本音を引き出したい


Q5,田頭様自身、これまでどのような医師を目標に歩んで来られましたか?その過程での意識の変化についても教えてください。

目標とは逆の話ですが、私が中高生くらいの頃に患者として病院にかかったときに感じたのは、医師が暖かい人だと思えなかったです。わかりやすく言えば、医師は偉そうにしていると思いました。私がかかった医師がたまたまそうだったのかもしれませんが、昭和の時代にはそのような医師は少なくなかったように記憶しています。

人と接する仕事の人がこんな感じで良いのだろうか、まして病気をかかえて不安いっぱいでようやくの思いで病院に来た患者は医師とはとうてい対等な立場とは言えません。そのような弱っている人に対して、どうしてもっと優しく接する事がないのか、違和感を感じていました。

自分が医師を目指すようになってから、患者さんがご自分の気持ちを遠慮無く出しやすいような医師になりたい、そうなるべきだと思うようになりました。自分が患者の立場の時に、遠慮してほとんど気持ちを伝えられなかったもどかしさがあったから、偉そうだと思われる医師には決してなりたくないと思いました。

Q6,放射線科領域の医療の課題は何であるとお考えですか?また、その中でどのような放射線科医の存在が必要ですか?

放射線科医は患者さんの目に付かない事が多いです。あまり知られていないと思いますので、放射線科医の担当する領域には分類があることを説明いたします。

放射線科医には大きく分けて3つのタイプが居ます。

  • 1.画像診断のみを専門とする医師
  • 2.画像診断とIVR(画像下治療)をする医師
  • 3.放射線治療をする医師

以上の3タイプです。

1番目の画像診断のみをするタイプの放射線科医は患者さんと顔を合わせることはほとんどありません。しかし、病院の中では各診療科からオーダーされた画像に診断を付け、他科の医師と意見を交わし、主治医が患者さんに説明する際の診断の元となる画像へのレポートを書いて、主治医はそのレポートを参考にして患者さんに説明するという裏方の存在です。

私は2番目のIVRと画像診断をするタイプの放射線科医です。3番目の放射線治療専門医とともにIVR専門医は患者さんと直接接します。

放射線科医をより広く知ってもらいたい


Q7,今後、放射線科医療はどのような展開を迎えていくとお考えですか?また、そうした中で放射線科医が医師として活躍していくために必要なことは何だと思いますか?

画像診断機器は年々進化しています。こんにちの医療では画像診断を欠かすことはできません。その診断を付ける放射線科医の責任も年々高まって来ています。

放射線科医が画像診断において責任を負うのは当然の流れであると同時に、放射線科医という存在も世に知られて行くべきだと感じます。現状では放射線科医の存在は一般的にあまり知られていないと思います。他科の医師に対して、画像の専門家としてのコメントを出しているのが放射線科医です。患者さんにも放射線科医が画像を診ているんだと啓蒙することで、放射線科医は一層気持ちを引き締めて診断の精度を上げて行くのではないかと感じます。

以上のことは画像診断のみをするタイプの放射線科医についての私見ですが、私のようなIVR医は患者さんに直接侵襲を与えて治療行為をする立場にありますので、手技の精度を高める努力を怠らないことと、診療内容に関して患者さんに直接説明できる立場にあるのですから、ややわかりにくいであろうIVR診療の内容について十分に説明し、納得して頂く事が重要と思います。

優しさを大切に患者さんを喜ばせる


Q8,医師として喜びや、やり甲斐を感じた瞬間はどんな時ですか?

それはなによりも治療した患者さんがよろこんで下さった時に尽きます。感謝の意を仰って下さったとき、また新しい人にも喜んで頂けるように努力を惜しまないようにしようという気持ちを持つようになります。患者さんの喜びの声は次の診療への大きな糧です。

Q9,医師としてお仕事をされている中で、心に留めていらっしゃる言葉があればお聞かせください。また、それはなぜかについてもお聞かせいただけると幸いです。

言葉というのは特にないですが、優しさを大切にしたいと思っています。患者さんは不安をかかえて病院を訪れます。聞きたい事も満足に口に出せない方もいらっしゃいます。私自身にもスタッフにも患者さんが話しかけやすい雰囲気になるようにしたいと思っています。

UAEを次世代に


Q10,今後医師としてどう歩んで行きたいとお考えですか?

自分が提供出来うる限り、最大限の技術で治療をし続けて行きたいと思います。しかし、年齢には勝てません。後進の育成も考える必要があると思います。

自分がしている子宮筋腫に対するUAEは多くの患者さんに喜ばれて来たと思っています。この診療を継続するために、岡山大学放射線科では診療講師として後輩に定期的にレクチャーをしています。今後もUAEが継続され、多くの筋腫で困っている患者さんをIVR医の手によって救って欲しいと願っています。

Q11,インターネット上には今も間違った医学的な情報が飛び交っていますが、田頭様は 医療メディアの現状についてどのようなご意見をお持ちですか?

私自身、自分の得意な領域でない治療法や薬の情報をインターネットに頼って得ようとすることはたびたびあります。不案内な領域でその情報が間違っているか判断ができるの事はなかなか難しいと思います。それでもインターネットのおかげで、インターネットが無かった頃と比べて迅速に情報を手に入れることができるようになったと思っています。

間違った情報ばかりではないので、調べたい事を複数のサイトで見比べることが間違い探しには役立つと思います。一つのサイトや一人の意見を鵜呑みにせず、様々な情報を見比べて、上手にインターネットを利用すれば良いと思います。

子宮筋腫岡山UAEセンターの魅力とは


Q12,田頭様の病院のアピールポイントは何ですか?

当院は子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術(UAE)を専門に行っている全国でも珍しいクリニックです。UAEは子宮筋腫の治療において決してメジャーと言える治療法ではありません。一般的に子宮筋腫の治療は婦人科医が行います。放射線科専門医がするのがUAEです。当院を訪れる患者さんの大半がインターネットから情報を得て当院の存在を知り、来院されます。当院へ来られる患者さんの居住地は広く日本全国に及び、青森と秋田を除く全ての都道府県から来院下さっています。海外から来られる方もいらっしゃいます。わざわざ遠方から来て下さる理由は、それぞれの方の居住地にUAEを数多く手がけている病院がほとんどないからです。

なかなか医師から詳しい話を聞くことができないUAEという治療法を専門にしていますので、来院された方にはじっくりと時間を取って説明させて頂くように配慮しています。慌ただしく次々患者をこなすという診療はしていないつもりです。一人一人に時間を掛けて、納得して頂いて私の治療をご希望されるならば施術しています。押しつけはしないように、疑問があれば丁寧にお答えするように心がけています。

スタッフにも恵まれていて、優しくして下さったという患者さんからの声を多く聞かせて頂いています。笑顔で退院される患者さんを見る度に、丁寧に対応したスタッフのおかげだと感じます。また、遠方の患者さんが多いことと、医師からUAEについての情報が得られにくい背景を考慮して、受診前も受診後も随時メールでの相談に対応しています。私が直接お答えします。

編集後記

日本全国からお客さんが来るという田頭院長のクリニック。その理由は単にUAEという珍しい治療法を扱っているからだけではなく、患者さんに偉そうにせず寄り添うという田頭院長の意思をスタッフ全員で共有できているからだと感じた。

また我々のメディアについても貴重なご意見をいただいたので、我々も改善できるように努力したい。

この度はインタビューをお受けいただきありがとうございました。

kanpopo

モノの編集部

あなたに最適な商品を紹介する「モノの」の編集部です。

この記事のURLとタイトルをコピーする

あなたの悩みを薬剤師に直接相談できます

LINE@で薬剤師に相談する
「どんな薬がおすすめなのかわからない・・・」
「他にもないか知りたい・・・」
などの悩みに薬剤師が直接ご回答いたします。

ご相談だけでなく

役に立つ情報もお届けいたします!

関連記事

【薬剤師監修】腱鞘炎におすすめの湿布人気ランキング10選【手首や指の辛い痛みに】

岡山市内にある「子宮筋腫岡山UAEセンター」は子宮筋腫に悩む全国各地の女性が集まるクリニックである。 このクリニックの院長である田頭周一先生は、たくさんの人にUAEの治療を受けてほしいとクリニックを開業したそうだ。 今回は田頭院長に医療

【薬剤師監修】多汗症におすすめの漢方人気ランキング10選【私生活での汗が気になる方に】

岡山市内にある「子宮筋腫岡山UAEセンター」は子宮筋腫に悩む全国各地の女性が集まるクリニックである。 このクリニックの院長である田頭周一先生は、たくさんの人にUAEの治療を受けてほしいとクリニックを開業したそうだ。 今回は田頭院長に医療