• 【第2類医薬品】ヨクイノーゲンホワイト錠
  • 【第3類医薬品】チョコラBBルーセントC
  • 【第1類医薬品】トランシーノII
  • 【第3類医薬品】ハイチオールCプラス
  • 【第3類医薬品】ネオビタホワイトCプラス「クニヒロ」

【薬剤師監修】シミにおすすめの飲み薬人気ランキング7選【気になるお肌の黒ずみに】

2018/08/04
シミ

顔にできてしまったシミを少しでも目立たないようにしたい方はいませんか?コンシーラーなど化粧品でどんなに隠してもなかなか完全に消すこともできず気になりますよね。シミを薄くするには外側から美白美容液などでケアする方法もありますが、内側から飲み薬でシミを改善する方法もあります。部分的ではなく全身的に作用するため、シミが多い方にもおすすめの対処法です。

シミに効く飲み薬には、「ビタミンC」「システイン」「トラネキサム酸」や漢方などがあります。シミの原因や期待する効果によって使い分けると効果的です。そこで今回はシミ対策におすすめの飲み薬の選び方と人気の商品をランキング形式でご紹介します。シミを今度こそ何とかしたいという方はぜひ読んでみてください。

この記事を監修したのはこの人!

笹尾真波

笹尾真波

薬剤師としての臨床経験 8年(総合病院門前および小児科門前など多岐に渡る)他、外資系製薬企業でのDIおよび学術職等、製薬企業勤務 6年 薬学修士アロマテラピー検定1級 漢方養生指導士ISC(インテンシブヨガサークル)修了

シミの原因とは

顔やからだにできてしまうシミの原因は主に紫外線です。皮膚が日光にあたると、皮膚を紫外線の害から守るために黒色の色素「メラニン」を作り出します。皮膚の表面にある角質層でメラニンが生成され、健康な肌であれば肌の生まれ変わり(ターンオーバー)によりメラニンも古い細胞と一緒にはがれ落ちていきます。

しかし、肌のターンオーバーが何らかの理由により遅れがちになった場合や、過剰に紫外線に当たってメラニンが作られすぎてしまった場合には、メラニンが肌に色素沈着してしまい「シミ」となってしまうのです。

このターンオーバーを乱してしまうのは実は紫外線のしわざです。紫外線に長年当たり続けていると肌が老化して、再生能力が弱ってしまいます。剥がれ落ちるはずのメラニンもそのまま皮膚に残りやすくなり、色素沈着を起こしてしまうわけです。他にも、

  • ・タバコ
  • ・ストレス
  • ・過労
  • ・不規則な生活

などにより活性酸素が増えたり、血行が悪くなることにより色素沈着が起こりやすくなります。紫外線対策を怠っているとますますシミができやすくなるため、紫外線を避けることとシミを防ぐセルフケアが大切になってきます。

シミにおすすめの飲み薬の選び方

シミに効く飲み薬といってもすでに出来てしまった完全にシミを消すことは難しく、あくまでも「シミを抑える」「シミを防ぐ」ことを期待して使うことになります。

色素沈着を起こす前にメラニンを排出させたり、メラニンを出来にくくする効果などが期待できます。肝斑のようなシミと一般的なシミでは選ぶ薬も違ってくるため、次を参考に自分にあった飲み薬を見つけてみてください。

シミをなるべく薄くしたい方に

シミを薄くする、目立たなくさせる効果のある成分としては「ビタミンC(アスコルビン酸)」「L-システイン」が市販薬でよく使われています。さらにサポート成分としては、「「ビタミンE(トコフェロール)」「ビタミンB2(リボフラビン)」「ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)」「パントテン酸カルシウム」などが配合されている製品が多いです。

ビタミンCもL-システインも、いずれもメラニンを作リ出す段階ではたらいて、メラニンの生成を抑えます。メラニンを作りだすときに必要なチロシナーゼという酵素のはたらきを阻害します。それぞれ少し効き方が異なるため、L-システインとビタミンC両方とも取り入れると効果的です。

  • ビタミンC・・・初期段階でチロシナーゼの活性を阻害する。メラニンを生成する過程において発生するドーパを還元。すでに蓄積しているメラニンの排出を促す。
  • L-システイン・・・チロシナーゼの活性を阻害、チロシナーゼの生成を阻害。肝臓の働きを高め、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)を促す。

いずれも長年の使用経験により安全性が確認されている成分ですが、少しでもシミを薄くしたいからと過剰に摂取すると思わぬ副作用が出ることもあります。ビタミンCの摂りすぎは腎臓結石を起こしやすくしたり、L-システインは糖尿病の方に悪影響を及ぼすことがあります。

あらかじめ何らかの病気を治療中の方はお医者さんに確認しておくと良いでしょう。ビタミンCは食事から摂る量も含めて1日あたり2000mgまでの摂取に留めるようにしましょう。

すでにシミとなってしまった場合には、完全に消すにはレーザーのような外科的な処置が必要な場合もあります。飲み薬はある程度まで薄くして目立たなくさせることを目的に使いましょう。

肝斑を目立たなくしたい方に

頰の両側に対照的に見られる肝斑の場合には「トラネキサム酸」を使った治療が一般的です。 トラネキサム酸はもともと血を固まりやすくさせる効果のあるお薬として使われてきましたが、シミを薄くする効果があることがわかっています。

トラネキサム酸による「抗プラスミン作用」が肝斑の発生過程をブロックすると考えられています。

メラニンを生成する色素細胞である「メラノサイト」を活性化させる「メラノサイト活性化因子」が増えることが肝斑の発生に関わります。プラスミンはメラノサイト活性化因子のひとつであり、トラネキサム酸はメラノサイト活性化因子のはたらきを抑えます。それにより肝斑ができる過程を抑えるのです。

ただし、市販薬で売られているトラネキサム酸配合のお薬は基本的には「肝斑」に対する改善効果しか認められていませんので、一般的なシミに対して使うことはできません。また、止血作用があることから脳血栓のリスクがある方、心筋梗塞など血栓によるリスクがある方は使用を控えてください。

血行が悪くてシミが出来やすい方に

血行が悪いとシミの元となるメラニンが沈着しやすくなりシミが出来やすくなります。そのため血行を促すこともシミ改善には必要です。血行を促す作用のある飲み薬としては「ビタミンE(トコフェロール)」と、または漢方薬の「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」などがあります。

ビタミンEには抗酸化作用もあり、ビタミンCに引けを取らないほど美白には有効な成分でもあります。ビタミンC単独よりもビタミンEを併用した方がシミの改善にはたらくという結果も報告されているので、両方配合しているタイプを選ぶのも良いでしょう。

また、「桂枝茯苓丸」は「体力は中程度以上にあり、肩こりや頭痛、生理痛などの瘀血(おけつ)がある方」に適しています。瘀血というのは漢方の考え方で血のめぐりが滞っている状態です。桂枝茯苓丸に「ヨクイニン」というハトムギ由来の生薬を加えた漢方薬もシミ・肌荒れに効果があります。

「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」は「血(けつ)」の量が足りていない「虚血(きょけつ)」タイプの方に適した漢方薬です。血が不足していることで全身に影響がじゅうぶんに巡らないため、肌が乾燥したり、シミなど肌トラブルが起こりやすい状態を改善してくれます。漢方薬の場合は少し特殊で誰にでも同じように効果が出るわけではなく、体質によって使い分けると効果的です。

シミにおすすめの飲み薬ランキング7選

シミに効く飲み薬は市販でも手に入ります。多くの種類が販売されているので違いを理解して使い分けることが大事です。また、一般的なシミと肝斑では使うべき種類が変わるのでシミの種類に応じて選ぶようにしてください。治療中の病気がある方はあらかじめ医師や薬剤師に相談してから購入することをおすすめします。

7位  【第2類医薬品】ヨクイノーゲンホワイト錠

【第2類医薬品】ヨクイノーゲンホワイト錠
【第2類医薬品】ヨクイノーゲンホワイト錠
出典:amazon.co.jp

3,189円 (税込)

詳細情報
剤形 錠剤
内容量 208錠
用法・容量 成人(15才以上)4錠/回・2回/日
医薬品の種類 第二類医薬品

桂枝茯苓丸+ヨクイニン配合の漢方薬

製品名は漢方らしくありませんが、このお薬のベースになっているのは「桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)という漢方処方です。血流が悪いために発生したシミの改善に適しています。

比較的体力があり、肩こり・生理痛・頭痛などに悩まされている方におすすめです。他のビタミン剤とは異なりこのお薬は漢方です。そのため体質が合わないと効果が得られない可能性があります。

6位  【第3類医薬品】ネオビタホワイトCプラス「クニヒロ」

【第3類医薬品】ネオビタホワイトCプラス「クニヒロ」
【第3類医薬品】ネオビタホワイトCプラス「クニヒロ」
出典:amazon.co.jp

1,499円 (税込)

詳細情報
剤形 錠剤
内容量 240錠
用法・容量 成人(15才以上)3錠/回・2回/日
医薬品の種類 第三類医薬品

ビタミンCをたっぷり1000mg配合したシミ改善薬

この商品はビタミンCの含有量が1日1000mgと多めで、他にもL-システイン240mg,ビタミンE,ビタミンB2,ビタミンB6も含まれているシミのためのお薬です。

メーカー名こそあまり聞いたことがないかもしれませんが、皇漢堂は市販薬や医療用医薬品も手がけている製薬メーカーです。価格も比較的安価なのでお求めやすく、続けやすい商品と言えるでしょう。

5位 【第3類医薬品】ハイチオールCプラス

【第3類医薬品】ハイチオールCプラス
【第3類医薬品】ハイチオールCプラス
出典:amazon.co.jp

2,044円 (税込)

詳細情報
剤形 錠剤
内容量 180錠
用法・容量 成人(15才以上)2錠/回・3回/日
医薬品の種類 第三類医薬品

シミ対策用市販薬のベストセラー

シミ・そばかすに効くお薬といえば代名詞のように知られている「ハイチオール」。このハイチオールCプラスは、L-システイン240mg,アスコルビン酸(ビタミンC)500mg,パントテン酸カルシウム24mgを配合した、シミ対策用の飲み薬です。

肌のターンオーバーを助けるL-システインと、抗酸化作用を持つビタミンCが合わさって働くことでシミを防ぎます。1日3回服用タイプなので飲み忘れがちな方にはハイチオールCホワイティアがおすすめです。

4位 【第1類医薬品】トランシーノII

【第1類医薬品】トランシーノII
【第1類医薬品】トランシーノII
出典:amazon.co.jp

5,944円 (税込)

詳細情報
剤形 錠剤
内容量 240錠
用法・容量 成人(15才以上)2錠/回・2回/日
医薬品の種類 第一類医薬品

肝斑に効くトラネキサム酸を配合した市販薬

トランシーノが登場する以前は、肝斑専用の市販薬はありませんでした。このトランシーノⅡは、肝斑を改善するトラネキサム酸を配合している唯一の肝斑治療薬です。

他にもL-システイン、アスコルビン酸(ビタミンC) 、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)パントテン酸カルシウムを配合し、シミを協力しあって抑えます。なお、この薬は第一類医薬品であり、薬剤師からの確認を受けてからでないと購入することができません。

3位  【第3類医薬品】チョコラBBルーセントC

【第3類医薬品】チョコラBBルーセントC
【第3類医薬品】チョコラBBルーセントC
出典:amazon.co.jp

2,960円 (税込)

詳細情報
剤形 錠剤
内容量 180錠
用法・容量 成人(15才以上)2錠/回・3回/日
医薬品の種類 第三類医薬品

ビタミンC600mgとビタミンB、Lシステインも配合

チョコラというとビタミンBを主薬としたチョコラBBが有名ですが、シミ対策ならばこの「チョコラBBルーセントC」がおすすめです。成人1日量あたりビタミンC600mg、L-システイン240mgのほかにビタミンB2,B6,ニコチン酸アミド,ビタミンEも配合しています。ビタミンCが肌の内側からシミを薄くしていき、さらにL-システインが肌の生まれ変わりを促します。

また、ビタミンB群は肌の脂質代謝などを促して肌荒れを改善し、ビタミンEが血行を促します。これほど多くの種類が配合されている商品は少ないのでおすすめです。ただし1日3回服用しなければいけないため、忙しい方は続けるのが少し大変かもしれません。

2位  【第3類医薬品】ハイチオールCホワイティア

【第3類医薬品】ハイチオールCホワイティア
【第3類医薬品】ハイチオールCホワイティア
出典:amazon.co.jp

2,370円 (税込)

詳細情報
剤形 錠剤
内容量 120錠
用法・容量 成人(15才以上)2錠/回・2回/日
医薬品の種類 第三類医薬品

本気のシミ対策をしたい方におすすめ

こちらの商品にはシミに効く代表的な有効成分3つが配合されていることが特徴です。成人1日量中L-システイン240mg、アスコルビン酸(ビタミンC)500mg、パントテン酸カルシウム30mgが含有されています。L-システインは新陳代謝を促して肌の生まれ変わりを助けるとともに、ビタミンCとの相乗効果でメラニンの排出を促します。

ビタミンCの配合量は特別多いわけではありませんが、1日2回の服用で良いため続けやすいことがメリットと言えます。肌は約28から42日で生まれ変わるので、しっかり継続しやすい飲み薬を選ぶことが大事ですよ。

1位  【第3類医薬品】トランシーノ ホワイトCクリア

【第3類医薬品】トランシーノ ホワイトCクリア
【第3類医薬品】トランシーノ ホワイトCクリア
出典:amazon.co.jp

4,299円 (税込)

詳細情報
剤形 錠剤
内容量 120錠
用法・容量 成人(15才以上)2錠/回・2回/日
医薬品の種類 第三類医薬品

肝斑でなくても服用できるシミ用のトランシーノ

第一三共のトランシーノは「肝斑」の初めての市販薬として知名度をあげたブランドです。ただし、トランシーノは肝斑専用の薬なので、一般的な紫外線などによるシミには使うことができません。しかし、このトランシーノホワイトCクリアはシミの方のために考えられたお薬です。1日あたりのビタミンC含有量がアスコルビン酸として1000mgと他の製品と比べても多い方に分類できます。

また、L-システインは240mg、他にも4種のビタミン(E、B2、B6、B3)を含有しています。ビタミンの含有量の多さ、種類の豊富さ、そして1日2回服用で良いという飲みやすさもあって総合点の高い飲み薬と言えます。

シミにおすすめの飲み薬の比較一覧表

商品画像【第3類医薬品】トランシーノ ホワイトCクリア 【第3類医薬品】ハイチオールCホワイティア【第3類医薬品】チョコラBBルーセントC【第1類医薬品】トランシーノII 【第3類医薬品】ハイチオールCプラス 【第3類医薬品】ネオビタホワイトCプラス「クニヒロ」【第2類医薬品】ヨクイノーゲンホワイト錠
商品名【第3類医薬品】トランシーノ ホワイトCクリア【第3類医薬品】ハイチオールCホワイティア【第3類医薬品】チョコラBBルーセントC【第1類医薬品】トランシーノII【第3類医薬品】ハイチオールCプラス【第3類医薬品】ネオビタホワイトCプラス「クニヒロ」【第2類医薬品】ヨクイノーゲンホワイト錠
特徴肝斑でなくても服用できるシミ用のトランシーノ
本気のシミ対策をしたい方におすすめ
ビタミンC600mgとビタミンB、Lシステインも配合
肝斑に効くトラネキサム酸を配合した市販薬
シミ対策用市販薬のベストセラー
ビタミンCをたっぷり1000mg配合したシミ改善薬
桂枝茯苓丸+ヨクイニン配合の漢方薬
価格4,299円(税込)2,370円(税込)2,960円(税込)5,944円(税込)2,044円(税込)1,499円(税込)3,189円(税込)
詳細剤形 錠剤
内容量 120錠
用法・容量 成人(15才以上)2錠/回・2回/日
医薬品の種類 第三類医薬品
剤形 錠剤
内容量 120錠
用法・容量 成人(15才以上)2錠/回・2回/日
医薬品の種類 第三類医薬品
剤形 錠剤
内容量 180錠
用法・容量 成人(15才以上)2錠/回・3回/日
医薬品の種類 第三類医薬品
剤形 錠剤
内容量 240錠
用法・容量 成人(15才以上)2錠/回・2回/日
医薬品の種類 第一類医薬品
剤形 錠剤
内容量 180錠
用法・容量 成人(15才以上)2錠/回・3回/日
医薬品の種類 第三類医薬品
剤形 錠剤
内容量 240錠
用法・容量 成人(15才以上)3錠/回・2回/日
医薬品の種類 第三類医薬品
剤形 錠剤
内容量 208錠
用法・容量 成人(15才以上)4錠/回・2回/日
医薬品の種類 第二類医薬品
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

シミでお悩みの方はこちらの記事も読んでいます

【薬剤師監修】シミにおすすめの漢方人気ランキング8選【気になる黒ずみに】|モノの.store 【薬剤師監修】シミにおすすめの薬人気ランキング10選【気になるシミがある方に】|モノの.store

まとめ

シミにおすすめの飲み薬を紹介してきましたが、気になる商品は見つかったでしょうか?基本的にはビタミンC,L-システインと他のビタミン剤が配合されている飲み薬がシミ対策に効く飲み薬となります。一方、肝斑の場合にはトラネキサム酸配合の飲み薬を選ぶと良いでしょう。

また、血行を促すには漢方薬を活用するのも手です。体質にあった漢方薬を活用してシミ改善に役立てると良いでしょう。また、シミの改善には日頃の紫外線対策とスキンケア、食事や睡眠などの生活習慣も関わってきます。飲み薬だけに頼るのではなく、あらゆる面からシミ対策を行なっていくことをおすすめします。

この記事を監修したのはこの人!

笹尾真波

笹尾真波

薬剤師としての臨床経験 8年(総合病院門前および小児科門前など多岐に渡る)他、外資系製薬企業でのDIおよび学術職等、製薬企業勤務 6年 薬学修士アロマテラピー検定1級 漢方養生指導士ISC(インテンシブヨガサークル)修了

この記事のURLとタイトルをコピーする

あなたの悩みを薬剤師に直接相談できます

LINE@で薬剤師に相談する
「どんな薬がおすすめなのかわからない・・・」
「他にもないか知りたい・・・」
などの悩みに薬剤師が直接ご回答いたします。

ご相談だけでなく

役に立つ情報もお届けいたします!

関連記事

【薬剤師監修】シミにおすすめの漢方人気ランキング8選【気になる黒ずみに】

顔にできてしまったシミを少しでも目立たないようにしたい方はいませんか?コンシーラーなど化粧品でどんなに隠してもなかなか完全に消すこともできず気になりますよね。シミを薄くするには外側から美白美容液などでケアする方法もありますが、内側から飲み薬

【薬剤師監修】シミにおすすめの薬人気ランキング10選【気になるシミがある方に】

顔にできてしまったシミを少しでも目立たないようにしたい方はいませんか?コンシーラーなど化粧品でどんなに隠してもなかなか完全に消すこともできず気になりますよね。シミを薄くするには外側から美白美容液などでケアする方法もありますが、内側から飲み薬

【薬剤師監修】シミにおすすめのサプリ人気ランキング8選【見た目が気になる方に】

顔にできてしまったシミを少しでも目立たないようにしたい方はいませんか?コンシーラーなど化粧品でどんなに隠してもなかなか完全に消すこともできず気になりますよね。シミを薄くするには外側から美白美容液などでケアする方法もありますが、内側から飲み薬

【薬剤師監修】シミにおすすめの化粧水人気ランキング9選【気になる肌トラブルに】

顔にできてしまったシミを少しでも目立たないようにしたい方はいませんか?コンシーラーなど化粧品でどんなに隠してもなかなか完全に消すこともできず気になりますよね。シミを薄くするには外側から美白美容液などでケアする方法もありますが、内側から飲み薬

【薬剤師監修】蕁麻疹におすすめの飲み薬人気ランキング10選【辛いアレルギー反応に】

顔にできてしまったシミを少しでも目立たないようにしたい方はいませんか?コンシーラーなど化粧品でどんなに隠してもなかなか完全に消すこともできず気になりますよね。シミを薄くするには外側から美白美容液などでケアする方法もありますが、内側から飲み薬

【薬剤師監修】蕁麻疹におすすめの漢方人気商品10選【辛いかゆみに】

顔にできてしまったシミを少しでも目立たないようにしたい方はいませんか?コンシーラーなど化粧品でどんなに隠してもなかなか完全に消すこともできず気になりますよね。シミを薄くするには外側から美白美容液などでケアする方法もありますが、内側から飲み薬

【薬剤師監修】蕁麻疹におすすめの薬人気ランキング10選【イライラするかゆみに】

顔にできてしまったシミを少しでも目立たないようにしたい方はいませんか?コンシーラーなど化粧品でどんなに隠してもなかなか完全に消すこともできず気になりますよね。シミを薄くするには外側から美白美容液などでケアする方法もありますが、内側から飲み薬

【薬剤師監修】肌荒れにおすすめの薬人気ランキング10選【肌を見られるのも怖くない】

顔にできてしまったシミを少しでも目立たないようにしたい方はいませんか?コンシーラーなど化粧品でどんなに隠してもなかなか完全に消すこともできず気になりますよね。シミを薄くするには外側から美白美容液などでケアする方法もありますが、内側から飲み薬