• 【第2類医薬品】レスタミンコーワ糖衣錠
  • 【第2類医薬品】アレルギール錠
  • 【第2類医薬品】ザジテンAL鼻炎スプレーα
  • 【第2類医薬品】小粒タウロミン【第2類医薬品】小粒タウロミン【第2類医薬品】小粒タウロミン
  • 【第2類医薬品】コルゲンコーワ鼻炎フィルムクール

【薬剤師監修】アレルギーにおすすめの薬人気ランキング9選【身体各部の症状に】

2018/08/14
アレルギー

ホコリや花粉によって引き起こされる鼻水やくしゃみ、皮膚のかゆみ、目のかゆみなど、アレルギー症状に悩まされている日本人は増えています。アレルギー症状をすぐに何とかしたいという時に便利なのが市販薬ですが、アレルギーのお薬にも多くの種類がありますよね。

抗ヒスタミン剤、漢方など、自分の症状や副作用なども考えて適したお薬を選ぶことが大事です。そこで今回はアレルギーの時におすすめのお薬の選び方と人気の商品をランキング形式で紹介していきたいと思います。

この記事を監修したのはこの人!

笹尾真波

笹尾真波

薬剤師としての臨床経験 8年(総合病院門前および小児科門前など多岐に渡る)他、外資系製薬企業でのDIおよび学術職等、製薬企業勤務 6年 薬学修士アロマテラピー検定1級 漢方養生指導士ISC(インテンシブヨガサークル)修了

アレルギーが起きる原因とは

アレルギーといっても、アレルギー性鼻炎、花粉症、アレルギー性皮膚炎、アトピー、喘息、食物アレルギーなどさまざまな種類があります。これらアレルギーの起きるメカニズムとして共通しているのは、異物を入れないようにする生体の防御反応であるということです。花粉のような異物を体に入れないようにするため、くしゃみや鼻水を出して身体を守っています。

しかし、アレルゲン(アレルギーの原因物質)を過剰に取り込んだ場合や、再び取り込むことにより辛い症状がアレルギー症状として現れてくると問題になります。

アレルギーには主にヒスタミンという体内の物質が関わっており、身体の中で反応を起こしてくしゃみや鼻水、皮膚のかゆみなどの不快な症状を起こします。

また、アレルギーの元になるアレルゲンとしては、次のような種類が挙げられます。

  • ・スギ・ヒノキ・シラカバ・イネ などの花粉
  • ・ほこり・ハウスダスト(ダニの死骸、動物のフケ、糞など)
  • ・食物(小麦、果物、そばなど)
  • ・ラテックス
  • ・甲殻類
  • ・ナッツ類

など

体質によって何にアレルギーを起こすかは異なり、調べてみないと正確には特定することができません。
アレルギーを起こしたことがある食品や物質などはなるべく避けるように気をつけることが必要です。

アレルギーの時におすすめのお薬の選び方

アレルギーといっても症状はさまざまであり、場合によってお薬を使い分けることが必要です。軽いアレルギー症状や病院にすぐに行けないような場合に、次のような市販薬を使って対処することもできます。そこでどんな場合に何を使ったら良いのか選び方を紹介していきます。
ただし、慢性的なアレルギーやアナフィラキシーのような重症のアレルギーに対しては市販薬で対処するのではなく、病院を受診することをお勧めします。

鼻水・くしゃみなど鼻のアレルギーが辛い方に

日本人の4人に1人が花粉症と言われているほど、アレルギーはとても身近な存在になっています。鼻水やくしゃみ、鼻づまりなどの症状が出て来ると、集中力が低下して仕事に影響することもあるため困ってしまいますよね。花粉だけではなくハウスダストやホコリなどでもアレルギーは起こります。

このような鼻アレルギーに対しては、飲み薬または点鼻薬(鼻スプレー)が有効です。飲み薬としては抗ヒスタミン剤、漢方の選択肢があります。

アレルギー反応を抑える作用があるクロルフェニラミンマレイン酸塩は市販の鼻アレルギー用薬に配合されていることが多い成分です。第一世代の抗ヒスタミン剤であり古いお薬であり比較的安全だとされていますが、眠気が出やすいという特徴があります。

眠気が気になる方や、あらかじめアレルギー症状を抑えたい場合には、「フェキソフェナジン」「ロラタジン」「ケトチフェン」「セチリジン」などを配合した飲み薬が適しています。これらは第二世代抗ヒスタミン剤であり、花粉症や通年性の鼻アレルギーの方に病院から処方されるお薬と同じスイッチOTCと呼ばれる商品です。長期的に服用する場合には病院から処方して貰った方が良いですが、一時的に対処するならば市販薬が便利です。

市販薬には鼻炎用薬として、ベラドンナ総アルカロイドやプソイドエフェドリンなどを配合したお薬がありますが、これらは急性鼻炎いわゆる鼻かぜんや一時的な鼻アレルギーの対処に適しています。長く使うことにより副作用が起こりやすくなるため1週間を超える連用は避けましょう。

鼻スプレーは鼻だけに作用させたい場合に便利なお薬で即効性にも優れています。しかし、長期(1週間以上)使い続けると逆に鼻粘膜が腫れてしまう副作用が出ることがあるため連用は避けるべきといえます。

かゆみ、赤み、蕁麻疹・湿疹など皮膚のアレルギーが辛い方に

皮膚のかゆみ、赤みなどは突然起きることもあり、生活や睡眠に支障をきたすこともあります。このような皮膚のアレルギー症状を鎮めるには、塗り薬または抗ヒスタミン剤の飲み薬、または漢方などの選択肢があります。

症状が部分的であり軽い場合には、ジフェンヒドラミンのような抗ヒスタミン剤配合の塗り薬、ダニなどに刺された時のように強いかゆみにはステロイド成分配合の塗り薬の方が適しています。 しかし、ステロイドは原因不明のかゆみや赤みに塗ると症状を悪化させることもあるため慎重に使うことが大事です。

さらに身体の広い範囲がかゆい時や塗り薬だけでは効果が足りないと感じる場合には飲み薬という選択肢もあります。蕁麻疹や湿疹は広い範囲に症状が出ることも少なくありません。この場合には、クロルフェニラミンマレイン酸塩やジフェンヒドラミンなどの抗ヒスタミン剤配合の飲み薬を使いましょう。

眠くなりにくいアレルギーのお薬を使いたい方に

アレルギーのお薬として使われる抗ヒスタミン剤には鎮静作用があるため、眠気を感じやすいというデメリットがあります。勉強や仕事に支障があるという方や、運転をする方などは眠気が出るお薬はなるべく飲みたくないですよね。

眠気がなるべく少ない方が良い方には「フェキソフェナジン」が比較的眠気が少ない薬として知られています。ロラタジン、エピナスチン、エメダスチンフマル酸塩などの第二世代の抗ヒスタミン剤も古い薬と比べると眠気が少なく改良されています。しかし、いずれも眠気が全く出ないというわけではありません。

眠くなる成分が入っていないタイプが良い場合には漢方薬がおすすめです。鼻水であれば小青竜湯、葛根湯などが適応になります。ただし、漢方薬は即効性が感じられにくい場合もあります。

アレルギー体質を改善したい方に

アレルギーによる鼻炎、蕁麻疹などが起こりやすい方で体質からじっくりと整えていきたいという方には漢方薬や生薬やビタミンなどを配合した飲み薬が良いでしょう。

続けることで身体の中のバランスを整えてアレルギーを起こしにくい体質づくりをサポートしてくれます。ただし、症状が強い場合や原因不明の症状の場合には、一度病院にかかっておくことをお勧めします。特に皮膚の症状ではアレルギーと思っていても違う病気が関わっている可能性もあるためです。

アレルギーにおすすめの市販薬人気ランキング9選

軽いアレルギー症状や病院に行けないときの対処として市販薬は頼りになる存在です。症状によってどのお薬が良いか変わってきますが、どんなお薬が一般的に使われているのかランキングで紹介していきます。ただし、お薬それぞれには使っては行けない人、注意が必要な人などが定められています。

※何らかの疾患がある方や、服用中の薬がある方、妊娠中・お子様などは自己判断で使わずに、医師に相談するか店頭で薬剤師または登録販売者に相談してから購入しましょう。

9位 【第2類医薬品】レスタミンコーワ糖衣錠

【第2類医薬品】レスタミンコーワ糖衣錠
【第2類医薬品】レスタミンコーワ糖衣錠
出典:amazon.co.jp

841円 (税込)

詳細情報
剤形 錠剤
内容量 120錠
用法・容量 成人(15才以上)3錠/回・3回/日
医薬品の種類 第二類医薬品

蕁麻疹や湿疹に効く歴史の長いお薬

このお薬には第一世代抗ヒスタミン剤であるジフェンヒドラミンが含有されています。昔から使われているお薬で使用経験が長いことが特徴ですが、眠気を感じやすいというデメリットがあります。湿疹や蕁麻疹の原因となるヒスタミンの結合をブロックしてかゆみを元から鎮めていきます。家に1つ置いておけば子供から大人まで困った時に使えるので常備薬としておすすめです。

8位    【第2類医薬品】コルゲンコーワ鼻炎フィルムクール

【第2類医薬品】コルゲンコーワ鼻炎フィルムクール
【第2類医薬品】コルゲンコーワ鼻炎フィルムクール
出典:amazon.co.jp

1,079円 (税込)

詳細情報
剤形 フィルム
内容量 18枚
用法・容量 成人(15才以上)1枚/回・3回/日
医薬品の種類 第二類医薬品

鼻水をすぐに何とかしたいという時にさっと飲める

こちらの商品は鼻炎用薬で抗ヒスタミン剤であるd-クロルフェニラミンマレイン酸塩、鼻汁分泌を抑えるベラドンナ総アルカロイド、血管の収縮を抑えて鼻づまりに効くフェニレフリン塩酸塩を配合しています。第二世代の抗ヒスタミン剤を単独で含むタイプのお薬よりも即効性に優れています。水なしで外でも飲めるフィルムタイプです。ただし、長期的に使うと副作用が起こりやすいこと、喉の乾きなどを起こしやすいといったデメリットがります。

7位 【第2類医薬品】小粒タウロミン

【第2類医薬品】小粒タウロミン【第2類医薬品】小粒タウロミン【第2類医薬品】小粒タウロミン
【第2類医薬品】小粒タウロミン【第2類医薬品】小粒タウロミン【第2類医薬品】小粒タウロミン
出典:amazon.co.jp

6,265円 (税込)

詳細情報
剤形 錠剤
内容量 2700錠
用法・容量 成人(15才以上)12錠/回・3回/日
医薬品の種類 第二類医薬品

抗ヒスタミン剤と生薬・ビタミンの入った飲み薬

このお薬は皮膚や鼻炎などの慢性的な症状に悩まされている方に愛用されていることの多いお薬です。抗ヒスタミン剤のクロルフェニラミンマレイン酸塩の他に、生薬や代謝を促すビタミン類などが豊富に入っていることが特徴です。内側から効かせてアレルギーの治療に役立てたい方におすすめのお薬です。

6位 【第2類医薬品】ザジテンAL鼻炎スプレーα

【第2類医薬品】ザジテンAL鼻炎スプレーα
【第2類医薬品】ザジテンAL鼻炎スプレーα
出典:amazon.co.jp

1,765円 (税込)

詳細情報
剤形 スプレー
内容量 12ml
用法・容量 成人(15才以上)両鼻腔内に1度ずつ/回・4回/日
医薬品の種類 第二類医薬品

鼻の症状を抑えたい時に直接効く

飲み薬を飲んでも鼻水が止まらない、鼻水や鼻づまりだけ改善したいという場合には点鼻薬(鼻スプレー)が役立ちます。いろいろな種類がありますが効き目の速い血管収縮成分の入っている鼻スプレーは使い続けると効果が弱まったり逆に鼻粘膜が腫れてくることがあります。こちらのお薬は抗アレルギー成分のケトチフェン配合で比較的安全に使えて、しかも液だれしにくい製剤でくしゃみや鼻水を直接お薬です。

5位 【第2類医薬品】アレルギール錠

【第2類医薬品】アレルギール錠
【第2類医薬品】アレルギール錠
出典:amazon.co.jp

891円 (税込)

詳細情報
剤形 錠剤
内容量 110錠
用法・容量 成人(15才以上)3錠/回・2~3回/日
医薬品の種類 第二類医薬品

抗ヒスタミン剤とビタミンも配合したアレルギー薬

アレルギーによる皮膚のかゆみや、鼻水・鼻づまりの症状を抑えるには抗ヒスタミン剤が効きますが、こちらのお薬にはさらにプラスの成分が入っています。皮膚の状態を健康に整えるビタミンB6、炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウム、蕁麻疹や湿疹を抑えるグルコン酸カルシウム水和物も配合されているアレルギー用の総合薬です。4歳以上から飲めるので家族全員で使えることもメリットです。

4位  【第2類医薬品】ムヒAZ錠

【第2類医薬品】ムヒAZ錠
【第2類医薬品】ムヒAZ錠
出典:amazon.co.jp

967円 (税込)

詳細情報
剤形 錠剤
内容量 12錠
用法・容量 成人(15才以上)1錠/回・2回/日
医薬品の種類 第二類医薬品

身体のかゆみにも鼻水にも使えるお薬

市販の第二世代抗ヒスタミン剤は鼻アレルギーのみに使えるお薬が多いですが、こちらの商品は鼻と皮膚のアレルギーの両方に使うことができます。医療用医薬品でも使われているアゼラスチンを配合し、1回服用で12時間効果が持続します。広い範囲のかゆみの時に内側から効いてかゆみを鎮めます。

3位   【要指導医薬品】 クラリチンEX

【要指導医薬品】 クラリチンEX
【要指導医薬品】 クラリチンEX
出典:amazon.co.jp
    詳細情報
    剤形 錠剤
    内容量 7錠
    用法・容量 成人(15才以上)1錠/回・1回/日
    医薬品の種類 要指導医薬品
    ※この商品は通販を行っていない商品です。

    医療用成分と同じロラタジン配合で1日1回で効く

    こちらのお薬は医療用成分であるロラタジンを1錠あたり同量の10mg配合しているスイッチOTCです。まだ市販されてるようになってからそれほど時間が経っていないため、薬剤師の指導や説明が必要な要指導医薬品に分類されています。インターネットでの購入ができないため、薬局やドラッグストアで薬剤師から購入する必要があります。

    2位 【第2類医薬品】アレジオン20

    【第2類医薬品】アレジオン20
    【第2類医薬品】アレジオン20
    出典:amazon.co.jp

    1,427円 (税込)

    詳細情報
    剤形 錠剤
    内容量 12錠
    用法・容量 成人(15才以上)1錠/回・1回/日
    医薬品の種類 第二類医薬品

    医療用成分エピナスチン配合で1日1回で長く効く

    アレジオンは医療用医薬品としても使われるお薬で、このお薬にも1錠あたり20mgと医療用と同量含有されています。抗ヒスタミン剤の中では第二世代に分類される成分で比較的眠気は少なめです。1日1回1錠の服用で良いので効果の切れ目が少なく、忙しい人でも飲み忘れを起こしにくいことがメリットです。

    1位 【第2類医薬品】アレグラFX

    【第2類医薬品】アレグラFX
    【第2類医薬品】アレグラFX
    出典:amazon.co.jp

    1,520円 (税込)

    詳細情報
    剤形 錠剤
    内容量 28錠
    用法・容量 成人(15才以上)1錠/回・2回/日
    医薬品の種類 第二類医薬品

    医療用のアレグラと同じで眠気が少ないのが特徴

    こちらのアレグラFXは医療用医薬品としてもよく使われているアレグラと同じくフェキソフェナジンを1錠に60mg配合したお薬です。1日2回1回1錠の服用で、鼻水・くしゃみ・鼻づまりを改善します。この成分は抗ヒスタミン剤の中でも比較的眠気が少なく、集中力、判断力、作業能率の低下というインペアードパフォーマンスの低下を起こしにくいとされています。花粉症シーズンにおすすめのお薬です。

    アレルギーにおすすめの薬の比較一覧表

    商品画像【第2類医薬品】アレグラFX【第2類医薬品】アレジオン20【要指導医薬品】 クラリチンEX【第2類医薬品】ムヒAZ錠【第2類医薬品】アレルギール錠【第2類医薬品】ザジテンAL鼻炎スプレーα【第2類医薬品】小粒タウロミン【第2類医薬品】小粒タウロミン【第2類医薬品】小粒タウロミン【第2類医薬品】コルゲンコーワ鼻炎フィルムクール【第2類医薬品】レスタミンコーワ糖衣錠
    商品名【第2類医薬品】アレグラFX【第2類医薬品】アレジオン20【要指導医薬品】 クラリチンEX【第2類医薬品】ムヒAZ錠【第2類医薬品】アレルギール錠【第2類医薬品】ザジテンAL鼻炎スプレーα【第2類医薬品】小粒タウロミン【第2類医薬品】小粒タウロミン【第2類医薬品】小粒タウロミン【第2類医薬品】コルゲンコーワ鼻炎フィルムクール【第2類医薬品】レスタミンコーワ糖衣錠
    特徴医療用のアレグラと同じで眠気が少ないのが特徴
    医療用成分エピナスチン配合で1日1回で長く効く
    医療用成分と同じロラタジン配合で1日1回で効く
    身体のかゆみにも鼻水にも使えるお薬
    抗ヒスタミン剤とビタミンも配合したアレルギー薬
    鼻の症状を抑えたい時に直接効く
    抗ヒスタミン剤と生薬・ビタミンの入った飲み薬
    鼻水をすぐに何とかしたいという時にさっと飲める
    蕁麻疹や湿疹に効く歴史の長いお薬
    価格1,520円(税込)1,427円(税込)(税込)967円(税込)891円(税込)1,765円(税込)6,265円(税込)1,079円(税込)841円(税込)
    詳細剤形 錠剤
    内容量 28錠
    用法・容量 成人(15才以上)1錠/回・2回/日
    医薬品の種類 第二類医薬品
    剤形 錠剤
    内容量 12錠
    用法・容量 成人(15才以上)1錠/回・1回/日
    医薬品の種類 第二類医薬品
    剤形 錠剤
    内容量 7錠
    用法・容量 成人(15才以上)1錠/回・1回/日
    医薬品の種類 要指導医薬品
    ※この商品は通販を行っていない商品です。
    剤形 錠剤
    内容量 12錠
    用法・容量 成人(15才以上)1錠/回・2回/日
    医薬品の種類 第二類医薬品
    剤形 錠剤
    内容量 110錠
    用法・容量 成人(15才以上)3錠/回・2~3回/日
    医薬品の種類 第二類医薬品
    剤形 スプレー
    内容量 12ml
    用法・容量 成人(15才以上)両鼻腔内に1度ずつ/回・4回/日
    医薬品の種類 第二類医薬品
    剤形 錠剤
    内容量 2700錠
    用法・容量 成人(15才以上)12錠/回・3回/日
    医薬品の種類 第二類医薬品
    剤形 フィルム
    内容量 18枚
    用法・容量 成人(15才以上)1枚/回・3回/日
    医薬品の種類 第二類医薬品
    剤形 錠剤
    内容量 120錠
    用法・容量 成人(15才以上)3錠/回・3回/日
    医薬品の種類 第二類医薬品
    商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

    まとめ

    アレルギーにおすすめ薬を飲み薬を中心に紹介してきましたが参考になりましたでしょうか?他にも症状に応じて、目薬、塗り薬なども使うと症状を速やかに抑えることができます。アレルギーの原因を取り除き、食習慣や生活習慣を見直すことも大切です。

    ただし、アレルギーかわからない場合や、突然症状が悪化した場合、発熱・嘔吐・腹痛などの他の症状を伴うような場合には病院を受診することをおすすめします。市販薬はあくまでも一時的な使用にとどめ正しく安全に使用しましょう。

    この記事を監修したのはこの人!

    笹尾真波

    笹尾真波

    薬剤師としての臨床経験 8年(総合病院門前および小児科門前など多岐に渡る)他、外資系製薬企業でのDIおよび学術職等、製薬企業勤務 6年 薬学修士アロマテラピー検定1級 漢方養生指導士ISC(インテンシブヨガサークル)修了

    この記事のURLとタイトルをコピーする

    あなたの悩みを薬剤師に直接相談できます

    LINE@で薬剤師に相談する
    「どんな薬がおすすめなのかわからない・・・」
    「他にもないか知りたい・・・」
    などの悩みに薬剤師が直接ご回答いたします。

    ご相談だけでなく

    役に立つ情報もお届けいたします!

    関連記事

    【薬剤師監修】アレルギー体質の人におすすめの漢方人気ランキング10選【漢方で体に優しく!】

    ホコリや花粉によって引き起こされる鼻水やくしゃみ、皮膚のかゆみ、目のかゆみなど、アレルギー症状に悩まされている日本人は増えています。アレルギー症状をすぐに何とかしたいという時に便利なのが市販薬ですが、アレルギーのお薬にも多くの種類があります

    【薬剤師監修】アレルギーにおすすめのサプリ人気ランキング10選【辛いアレルギー症状に】

    ホコリや花粉によって引き起こされる鼻水やくしゃみ、皮膚のかゆみ、目のかゆみなど、アレルギー症状に悩まされている日本人は増えています。アレルギー症状をすぐに何とかしたいという時に便利なのが市販薬ですが、アレルギーのお薬にも多くの種類があります

    【薬剤師監修】アレルギー性鼻炎におすすめの漢方人気ランキング8選【のどや目の痛みに】

    ホコリや花粉によって引き起こされる鼻水やくしゃみ、皮膚のかゆみ、目のかゆみなど、アレルギー症状に悩まされている日本人は増えています。アレルギー症状をすぐに何とかしたいという時に便利なのが市販薬ですが、アレルギーのお薬にも多くの種類があります

    【薬剤師監修】アレルギーにおすすめのお茶人気ランキング7選【副作用が気になる方に】

    ホコリや花粉によって引き起こされる鼻水やくしゃみ、皮膚のかゆみ、目のかゆみなど、アレルギー症状に悩まされている日本人は増えています。アレルギー症状をすぐに何とかしたいという時に便利なのが市販薬ですが、アレルギーのお薬にも多くの種類があります

    【薬剤師監修】アトピーにおすすめの薬人気ランキング10選【耐えられないかゆみに】

    ホコリや花粉によって引き起こされる鼻水やくしゃみ、皮膚のかゆみ、目のかゆみなど、アレルギー症状に悩まされている日本人は増えています。アレルギー症状をすぐに何とかしたいという時に便利なのが市販薬ですが、アレルギーのお薬にも多くの種類があります

    【薬剤師監修】アレルギー性鼻炎におすすめの薬人気ランキング10選【鼻づまりやくしゃみに!】

    ホコリや花粉によって引き起こされる鼻水やくしゃみ、皮膚のかゆみ、目のかゆみなど、アレルギー症状に悩まされている日本人は増えています。アレルギー症状をすぐに何とかしたいという時に便利なのが市販薬ですが、アレルギーのお薬にも多くの種類があります

    【薬剤師監修】アトピーにおすすめの入浴剤人気ランキング10選【気になる乾燥、かゆみに】

    ホコリや花粉によって引き起こされる鼻水やくしゃみ、皮膚のかゆみ、目のかゆみなど、アレルギー症状に悩まされている日本人は増えています。アレルギー症状をすぐに何とかしたいという時に便利なのが市販薬ですが、アレルギーのお薬にも多くの種類があります

    【薬剤師監修】花粉症におすすめの目薬人気ランキング10選【目のかゆみ・痛み・充血に】

    ホコリや花粉によって引き起こされる鼻水やくしゃみ、皮膚のかゆみ、目のかゆみなど、アレルギー症状に悩まされている日本人は増えています。アレルギー症状をすぐに何とかしたいという時に便利なのが市販薬ですが、アレルギーのお薬にも多くの種類があります