• 【第3類医薬品】龍角散
  • 【第2類医薬品】アスクロン
  • 【第2類医薬品】ツムラ漢方麦門冬湯エキス顆粒
  • 【指定第2類医薬品】固形浅田飴クールS
  • 【第3類医薬品】龍角散ダイレクトスティックミント

【薬剤師監修】咳におすすめの薬人気ランキング8選【息苦しい時に】

2018/08/16

咳は身体の防御反応であり、むやみに止めるべきものではありません。しかし咳をずっと放置していると体力を消耗してしまったり、喉を傷めてしまったり、睡眠の妨げになることもあるので咳止め薬で咳をコントロールした方が良いこともあります。咳止めは適切に使うことが大切です。

咳止め薬には咳中枢に効く咳止め成分、痰を切りやすくする薬、気管支拡張剤などの種類があり、症状に使い分けると効果的です。そこで今回は咳におすすめの薬の選び方と人気の市販薬をランキング形式で紹介していきます。

この記事を監修したのはこの人!

笹尾真波

笹尾真波

薬剤師としての臨床経験 8年(総合病院門前および小児科門前など多岐に渡る)他、外資系製薬企業でのDIおよび学術職等、製薬企業勤務 6年 薬学修士アロマテラピー検定1級 漢方養生指導士ISC(インテンシブヨガサークル)修了

咳の原因とは

咳は身体に外から入ってくる異物を追い出すための防御反応です。異物(煙、ウイルス、花粉、ほこりなど)が入ってくると、のどや気管などにあるセンサーが反応し、その後中枢(脳)にある「咳中枢」に伝わることで咳が発生します。

また、外からの異物だけではなく咳には気管に絡まった痰を吐き出すための反応としても起こります。気道の粘膜にはいつも表面を潤すための粘液が分泌されており、ウイルスや細菌を絡め取って出てくるのが痰です。気管や気管支の炎症が強いと粘性が強い痰となって吐き出すのが難しくなり咳を悪化させる原因ともなります。痰を出そうとして反射的に咳が出てしまうこともあるのです。

咳には大きく分けて、

  • ・湿性咳嗽(しっせいがいそう)・・・ 痰のからむ湿り気のある咳
  • ・乾性咳嗽(かんせいがいぞう)・・・痰の絡まない乾いた咳

以上の2つに分けることができます。また、時間の経過や原因によって次のような分類ができます。

  • ・急性咳嗽・・・ 風邪やインフルエンザなどの感染が原因。
  • ・遷延性咳嗽・・・咳喘息、アトピー性咳嗽、胃食道逆流症、慢性気管支炎など
  • ・慢性咳嗽・・・ 咳喘息、アトピー性咳嗽、胃食道逆流症、慢性気管支炎などが長く続く

2週間未満の咳であれば市販の咳止めを使って一時的な対処は可能ですが、あくまでも咳止め薬は対症療法にすぎません。対症療法というのは症状を抑えているだけであって、もともとの原因を改善する治療ではないため根本的に改善する効果はないので注意が必要です。また、いずれの咳にしても咳止めで咳を完全に封じ込めることはできないことも理解しておきましょう。

咳におすすめの薬の選び方

咳に効くお薬にはいろいろな種類がありますが、それぞれメリットとデメリットがあるので良く理解して使うことが大事です。基本的には風邪の時の咳や、風邪にかかった後続いている咳で2週間未満の場合には市販薬でも対応が可能です。副作用がとのバランスも考えてお薬を選ぶことも大切です。そこで次に咳におすすめの薬の選び方を紹介していきます。

コンコンと乾いた咳が出ているときに

乾いた咳でコンコン、コホンコホンという音がするような痰の絡まない咳は、気管支の炎症や痙攣などがあり咳中枢が刺激されて起こります。そのため咳中枢に働きかけて咳を抑える薬を選びましょう。

成分としては、市販薬ではジヒドロコデインリン酸塩が最も効果が強いですが、コデインリン酸塩、デキストロメトルファンなどが次いで効果が高い咳止め成分です。ジヒドロコデインリン酸塩とコデインリン酸塩のような「麻薬性鎮咳成分」は効果が優れていますが、便秘などの副作用に注意が必要です。

さらに、麻薬性というのは麻薬のコデインと構造が似ているということで、習慣性や副作用の観点から大量服用や連用すべきではありません。また、咳止めを飲んだからといって咳を完全に封じ込めることはできないということも理解しておくことが大事です。

一方、デキストロメトルファン、ノスカピン、ジメモルファンは非麻薬性であり、比較的安全に使いやすい中枢性の咳止め成分です。市販薬にも含まれているタイプがあり、麻薬性のような便秘や依存性などの副作用の心配はありません。安全性を重視するならばこれらの成分が入っているタイプを使うと良いでしょう。

たんが絡んでゴホンゴホンといった咳が出るときに

気管支に炎症があると痰の分泌が増えて、痰を出そうとするために余計に咳が出やすくなってしまいます。痰の絡む咳は、咳止め成分だけではなく痰の排出を促す成分を含有する薬を選びましょう。

また、痰が気道をふさいでいることで気道が狭くなり、ヒューヒューといった喘鳴(ぜんめい)が聞こえることがあります。このような痰が絡んで辛いときには気管支拡張剤を選ぶと良いでしょう。

横になると咳が出て寝付けない、胸がヒューヒュー言うときに

夜間になると咳が出たり、横になると咳が出てしまって苦しくて眠れないという方には、気管支拡張成分の入っている咳止め薬が適しています。気管支拡張剤にはテオフィリン、アミノフィリン、ジプロフィリンなどの成分があります。

これらは気管支を拡張させて呼吸を楽にします。ただし、これらのお薬は心臓に働いて動悸が起きたり、中枢神経を興奮させるなどの副作用があります。てんかんや痙攣、甲状腺機能亢進症など使用に注意が必要な場合もあるため、気になる方は使用前に薬剤師に相談することをおすすめします。

咳におすすめの市販薬ランキング8選

咳止めの市販薬はとても多くの種類が販売されており、実際に店頭で迷ってしまうことも多いと思います。そこで実際にどのお薬が人気が高いのか知っておくと選ぶときに参考になります。次に人気のある咳止めの中から副作用などのバランスも含めてランキング形式で紹介していきます。

8位   【指定第2類医薬品】固形浅田飴クールS

【指定第2類医薬品】固形浅田飴クールS
【指定第2類医薬品】固形浅田飴クールS
出典:amazon.co.jp

689円 (税込)

詳細情報
剤形 錠剤
内容量 50錠
用法・容量 成人(15才以上)2~3錠/回・3回/日
医薬品の種類 指定第二類医薬品

せき・たんに効く医薬品の咳止め飴

咳が出る時には飴を舐めると少しラクになるので、のど飴を食べる方も多いですね。お菓子ののど飴は喉をうるおすことはできますが、医薬品ではないため咳止め効果は期待ができません。この浅田飴クールSには医薬品成分のキキョウ、トコン、マオウ、ニンジンが入っています。

せき、たん、声がれに効果のあるお薬グレードの飴です。ただし、マオウという成分が入っているため心臓病、高血圧など使用に気をつけなければいけない場合があります。気になる方は事前に薬剤師に相談してください。

7位 【第3類医薬品】龍角散

【第3類医薬品】龍角散
【第3類医薬品】龍角散
出典:amazon.co.jp

688円 (税込)

詳細情報
剤形 粉末
内容量 20g
用法・容量 成人(15才以上)1杯/回・3~6回/日
医薬品の種類 第三類医薬品

昔から定番の生薬配合の咳止め

龍角散をのど飴で知っているという方も多いかもしれませんが、もともとはお薬から始まっています。この龍角散はキキョウ・セネガ・キョウニン・カンゾウの生薬からなる鎮咳去痰剤です。

痰が切れにくく、激しく時々咳き込み、喉の乾燥感が気になるときに適しています。漢方なので吸収をよくするために空腹時または食前の服用が効果的です。

6位 【第2類医薬品】ツムラ漢方麦門冬湯エキス顆粒

【第2類医薬品】ツムラ漢方麦門冬湯エキス顆粒
【第2類医薬品】ツムラ漢方麦門冬湯エキス顆粒
出典:amazon.co.jp

2,300円 (税込)

詳細情報
漢方処方 麦門冬湯
剤形 顆粒
内容量 24包
用法・容量 成人(15才以上)1包/回・2回/日
医薬品の種類 第二類医薬品

たんの切れにくい咳に効果のある漢方薬

麦門冬湯(ばくもんどうとう)は昔から痰の切れにくい咳、気管支喘息、空咳によく用いられてきた漢方薬です。バクモンドウ、タイソウ、カンゾウ、コウベイ、ハンゲ、ニンジンの6つの生薬が組み合わさって効果を表します。体力が中程度以下の方に適した処方です。痰が切れにくい咳が時々出るような方や、風邪のあとに残った咳などに用いると良いでしょう。

5位  【第2類医薬品】アスクロン

【第2類医薬品】アスクロン
【第2類医薬品】アスクロン
出典:amazon.co.jp

1,520円 (税込)

詳細情報
剤形 粉末
内容量 24包
用法・容量 成人(15才以上)1包/回・3回/日
医薬品の種類 第二類医薬品

ヒューヒューいう痰の絡む咳に効く鎮咳去痰剤

アスクロンには気管支を広げて苦しい呼吸を楽にするメトキシフェナミン塩酸塩、咳止めのノスカピン、痰を出しやすくするカンゾウ粗エキス、グアヤコールスルホン酸カリウムが配合されています。ヒューヒュー音がなるような苦しい呼吸や咳を落ち着かせます。

また、マレイン酸カルビノキサミンという抗ヒスタミン剤が入っていることで咳を抑えます。アレルギー性の咳にも効果が期待できます。ただし、眠気が出やすいため眠気を軽減するために眠気を抑えるカフェインが配合されていますが車の運転などは注意が必要です。
 

4位  【第3類医薬品】龍角散ダイレクトスティックミント

【第3類医薬品】龍角散ダイレクトスティックミント
【第3類医薬品】龍角散ダイレクトスティックミント
出典:amazon.co.jp

522円 (税込)

詳細情報
剤形 粉末
内容量 16包
用法・容量 成人(15才以上)1包/回・6回/日
医薬品の種類 第三類医薬品

痰やせき、咳によるのどの荒れ、声がれに直接効く

龍角散ダイレクトは少し変わった特徴のあるお薬で、舌の上にお薬を乗せて徐々に溶かしながら飲み込んでいくことでのどに直接効かせるお薬です。

成分としてはキキョウやセネガなどの咳や痰、のどの枯れなどに効く成分が入っています。強い咳止めを飲むほどではないけど、仕事中にエヘン虫が支えて気になるという方や、のどの枯れをケアしたい時に便利なお薬です。

3位  【第2類医薬品】ストナ去たんカプセル

【第2類医薬品】ストナ去たんカプセル
【第2類医薬品】ストナ去たんカプセル
出典:amazon.co.jp

913円 (税込)

詳細情報
剤形 カプセル
内容量 18カプセル
用法・容量 成人(15才以上)2カプセル/回・3回/日
医薬品の種類 第二類医薬品

2つの去痰成分を配合したカプセルのお薬

このお薬にはいわゆる咳止めは入っていません。痰を出しやすくする2つの成分が入っている去痰作用のあるお薬です。L-カルボシステインはたんの滑りを良くして、ブロムヘキシン塩酸塩はたんをサラサラにして出しやすくします。

咳止めが入ってないのに効くの?と思われそうですが、痰をのキレを良くするだけでも咳が楽になることも多いです。8歳以上から飲める比較的安全な薬です。

2位  【第1類医薬品】ミルコデ錠A

【第1類医薬品】ミルコデ錠A
【第1類医薬品】ミルコデ錠A
出典:amazon.co.jp

953円 (税込)

詳細情報
剤形 錠剤
内容量 24錠
用法・容量 成人(15才以上)2錠/回・3回/日
医薬品の種類 第一類医薬品

ヒューヒューという喘鳴を伴う咳に効く処方

このお薬は気管支を広げる成分の「テオフィリン」と咳を鎮めるdl-メチルエフェドリン塩酸塩、痰を薄める効果のあるグアイフェネシン、さらに生薬3種類を含むお薬です。風邪の咳はもちろん、ゼーゼーやヒューヒューという喘鳴を伴う咳にも効果があります。

テオフィリンは病院でも気管支を広げるために処方される成分です。ただし、動悸の副作用が出やすいので注意が必要です。このお薬は第一類医薬品であり薬剤師による確認を受けてからでないと購入できません。

1位 【第2類医薬品】新コンタックせき止めダブル持続性

【第2類医薬品】新コンタックせき止めダブル持続性
【第2類医薬品】新コンタックせき止めダブル持続性
出典:amazon.co.jp

1,199円 (税込)

詳細情報
剤形 カプセル
内容量 12カプセル
用法・容量 成人(15才以上)1カプセル/回・2回/日
医薬品の種類 第二類医薬品

習慣性のない非麻薬性鎮咳成分と気管支拡張成分配合

咳止めの成分には麻薬性成分と非麻薬性成分がありますが、このお薬で使われているのは「デキストロメトルファン」という非麻薬性成分です。

病院から処方されることもある成分と同じで、習慣性の心配がありません。さらに気管支拡張成分のジプロフィリンが収縮した気管支を広げて呼吸を楽してくれます。徐々に溶ける顆粒がカプセルに入っており、1日2回服用で効果が12時間持続します。

咳におすすめの薬の比較一覧表

商品画像【第2類医薬品】新コンタックせき止めダブル持続性 【第1類医薬品】ミルコデ錠A【第2類医薬品】ストナ去たんカプセル【第3類医薬品】龍角散ダイレクトスティックミント【第2類医薬品】アスクロン【第2類医薬品】ツムラ漢方麦門冬湯エキス顆粒 【第3類医薬品】龍角散【指定第2類医薬品】固形浅田飴クールS
商品名【第2類医薬品】新コンタックせき止めダブル持続性【第1類医薬品】ミルコデ錠A【第2類医薬品】ストナ去たんカプセル【第3類医薬品】龍角散ダイレクトスティックミント【第2類医薬品】アスクロン【第2類医薬品】ツムラ漢方麦門冬湯エキス顆粒【第3類医薬品】龍角散【指定第2類医薬品】固形浅田飴クールS
特徴習慣性のない非麻薬性鎮咳成分と気管支拡張成分配合
ヒューヒューという喘鳴を伴う咳に効く処方
2つの去痰成分を配合したカプセルのお薬
痰やせき、咳によるのどの荒れ、声がれに直接効く
ヒューヒューいう痰の絡む咳に効く鎮咳去痰剤
たんの切れにくい咳に効果のある漢方薬
昔から定番の生薬配合の咳止め
せき・たんに効く医薬品の咳止め飴
価格1,199円(税込)953円(税込)913円(税込)522円(税込)1,520円(税込)2,300円(税込)688円(税込)689円(税込)
詳細剤形 カプセル
内容量 12カプセル
用法・容量 成人(15才以上)1カプセル/回・2回/日
医薬品の種類 第二類医薬品
剤形 錠剤
内容量 24錠
用法・容量 成人(15才以上)2錠/回・3回/日
医薬品の種類 第一類医薬品
剤形 カプセル
内容量 18カプセル
用法・容量 成人(15才以上)2カプセル/回・3回/日
医薬品の種類 第二類医薬品
剤形 粉末
内容量 16包
用法・容量 成人(15才以上)1包/回・6回/日
医薬品の種類 第三類医薬品
剤形 粉末
内容量 24包
用法・容量 成人(15才以上)1包/回・3回/日
医薬品の種類 第二類医薬品
漢方処方 麦門冬湯
剤形 顆粒
内容量 24包
用法・容量 成人(15才以上)1包/回・2回/日
医薬品の種類 第二類医薬品
剤形 粉末
内容量 20g
用法・容量 成人(15才以上)1杯/回・3~6回/日
医薬品の種類 第三類医薬品
剤形 錠剤
内容量 50錠
用法・容量 成人(15才以上)2~3錠/回・3回/日
医薬品の種類 指定第二類医薬品
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

咳が辛いときのセルフケア

もし咳が2週間以上にわたり続いている場合や、痰に血が混じっているという場合には他の呼吸器系の病気が疑われます。セルフケアではなく病院を早めに受診しましょう。

セルフケアで対応できる咳には市販薬の他に次のような対処法を取り入れると良いでしょう。

咳で眠れないときは横を向くか上半身を高く

日中は大丈夫でも夜になって寝ようとすると咳が止まらなくなって眠れないことってありますよね。うつぶせや仰向けになると重力で気道がつぶされてしまうため、咳が出やすくなります。

このような時は横向きになるか、上半身を少し高くすると咳が出にくくなります。体の下に布団や枕などを入れてみたりして少し上半身だけ高くなるように工夫してみましょう。

暖かい飲み物やはちみつなどで喉をうるおす

冷たい空気に当たると咳が出やすい方は、喉を温めると咳が落ち着きやすくなります。喉を温めることで気道が広がって咳や呼吸がラクになりやすいのです。痰が出るときにも、喉を飲み物などで湿らせることで出しやすくなります。

はちみつには殺菌成分もあり、喉をうるおす作用があるので風邪の咳やのどの痛みにおすすめです。角切りにした大根をはちみつに漬け込んでつくる「はちみつ大根」を作って、その液体をシロップ代わりに少しずつのむと咳止めに良いと言われています。

部屋の湿度を適切に保ち、マスクを活用

咳が続くと喉の粘膜が傷ついて刺激により敏感になります。また、乾燥や気温差も刺激となり咳が出やすくなります。室内は常に適度な湿度50%-60%程度に保つように加湿器を使うと良いでしょう。

家にない場合には濡れたタオルを干しておく、または濡れマスクを活用するのも効果的です。日中はもちろんですが、抵抗力が低下する夜間も付けながら眠ると明け方にかけて喉が乾燥を防ぐことができます。

まとめ

咳に効くお薬を紹介してきましたが参考になったでしょうか?咳は基本的には体の防御反応であるため、完全に封じ込めることは難しい症状です。あくまでも咳止めは体力の消耗を防いだり、喉が傷つかないように咳を軽減するために用いるお薬だと理解しておきましょう。

また、根本的な治療のためには体力の回復のためにしっかり休息と栄養をとることが大事です。市販薬を使っても咳が治らない、咳止めが2週間以上手放せないという場合には早めに病院を受診することをおすすめします。

この記事を監修したのはこの人!

笹尾真波

笹尾真波

薬剤師としての臨床経験 8年(総合病院門前および小児科門前など多岐に渡る)他、外資系製薬企業でのDIおよび学術職等、製薬企業勤務 6年 薬学修士アロマテラピー検定1級 漢方養生指導士ISC(インテンシブヨガサークル)修了

この記事のURLとタイトルをコピーする

あなたの悩みを薬剤師に直接相談できます

LINE@で薬剤師に相談する
「どんな薬がおすすめなのかわからない・・・」
「他にもないか知りたい・・・」
などの悩みに薬剤師が直接ご回答いたします。

ご相談だけでなく

役に立つ情報もお届けいたします!

関連記事

【薬剤師監修】咳におすすめの漢方人気ランキング10選【長引く方必見】

咳は身体の防御反応であり、むやみに止めるべきものではありません。しかし咳をずっと放置していると体力を消耗してしまったり、喉を傷めてしまったり、睡眠の妨げになることもあるので咳止め薬で咳をコントロールした方が良いこともあります。咳止めは適切に

【薬剤師監修】咳喘息におすすめの漢方人気ランキング10選【咳で寝れない方に】

咳は身体の防御反応であり、むやみに止めるべきものではありません。しかし咳をずっと放置していると体力を消耗してしまったり、喉を傷めてしまったり、睡眠の妨げになることもあるので咳止め薬で咳をコントロールした方が良いこともあります。咳止めは適切に

【薬剤師監修】風邪におすすめの漢方人気ランキング10選【止まらない咳、鼻水に】

咳は身体の防御反応であり、むやみに止めるべきものではありません。しかし咳をずっと放置していると体力を消耗してしまったり、喉を傷めてしまったり、睡眠の妨げになることもあるので咳止め薬で咳をコントロールした方が良いこともあります。咳止めは適切に

【薬剤師監修】喘息におすすめの飲み薬人気商品9選【辛く長引く咳に】

咳は身体の防御反応であり、むやみに止めるべきものではありません。しかし咳をずっと放置していると体力を消耗してしまったり、喉を傷めてしまったり、睡眠の妨げになることもあるので咳止め薬で咳をコントロールした方が良いこともあります。咳止めは適切に

【薬剤師監修】喘息におすすめのアロマ人気ランキング7選【市販薬や病院だけじゃない】

咳は身体の防御反応であり、むやみに止めるべきものではありません。しかし咳をずっと放置していると体力を消耗してしまったり、喉を傷めてしまったり、睡眠の妨げになることもあるので咳止め薬で咳をコントロールした方が良いこともあります。咳止めは適切に

【薬剤師監修】気管支炎におすすめの漢方人気ランキング7選【なかなか治らない咳に】

咳は身体の防御反応であり、むやみに止めるべきものではありません。しかし咳をずっと放置していると体力を消耗してしまったり、喉を傷めてしまったり、睡眠の妨げになることもあるので咳止め薬で咳をコントロールした方が良いこともあります。咳止めは適切に

【薬剤師監修】喘息におすすめの漢方人気ランキング10選【辛い咳やたんに】

咳は身体の防御反応であり、むやみに止めるべきものではありません。しかし咳をずっと放置していると体力を消耗してしまったり、喉を傷めてしまったり、睡眠の妨げになることもあるので咳止め薬で咳をコントロールした方が良いこともあります。咳止めは適切に

【薬剤師監修】喘息におすすめのお茶人気ランキング9選【咳に悩まされる方に】

咳は身体の防御反応であり、むやみに止めるべきものではありません。しかし咳をずっと放置していると体力を消耗してしまったり、喉を傷めてしまったり、睡眠の妨げになることもあるので咳止め薬で咳をコントロールした方が良いこともあります。咳止めは適切に