• スレイバーFX
  • ファスタークG-1
  • スレイバーEL
  • V<15 stiff
  • マークV

【初心者から上級者まで】卓球ラバーのおすすめ人気ランキング

2018/03/16
卓球

「初めて卓球をするけどどんなラバーを選べば良いかわからない」「今のラバーでは満足できないがどのように選べば良いかわからない」という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに近年では様々な高性能ラバーが登場しているため選ぶのにも一苦労してしまうことも多くなっていますが、やはりプレーをするに当たって自分の使いやすい用具を選ぶことが必要です。

そこで今回はそんな悩みを持っている方のために卓球ラバーの様々な選び方やおすすめの商品をご紹介いたしますので、今後の用具選びの参考にしてみてください。

卓球ラバーの選び方

卓球ラバーを選ぶ際には各メーカーのカタログを参考に選んでいるという方も多いかと思いますが、メーカーごとに基準が違うので想像と違うラバーを選んでしまうということも多々あります。

そのようになってしまわないようにより自分の理想に近いラバーの選び方をご紹介いたします。

種類で選ぶ

卓球のラバーには表面がツルツルしているものやブツブツしているものなど様々な種類があります。それぞれ特徴があり、目指す戦型によって使用するラバーも変わってきます。

自分の目指していくスタイルはどれなのかを確認した上でラバーの種類を決めていきましょう。

王道の攻撃マンを目指すなら裏ソフト

現在の卓球スタイルの主流である攻撃を主体とした「ドライブマン」という戦型を目指す方は表面がツルツルしている裏ソフトラバーを選びましょう。

裏ソフトラバーは表面でボールを擦ることによって強い回転を生み出し、相手との激しい打ち合いをすることに特化しています。それだけでなく、クセがあまりないので使いやすいためこれから卓球を始めるという方はこの種類のラバーを購入しましょう。

ボールを遠くまで飛ばすことも容易であるため、男子のトップ選手のような中〜後陣でのプレーが多いという方もこちらのラバーを選ぶことがおすすめです。

前陣でスピーディな攻撃をしたい方は表ソフト

福原愛選手や伊藤美誠選手のように変化を加えたスピーディなプレーを目指しているという方は表ソフトというラバーを選びましょう。

表ソフトは表面がブツブツしている分ボールとの接触時間が短く、より早くボールを打ち出すことができます。回転も強くかからないため、相手を変化で惑わせてミスを誘うことも可能です。

しかし回転がかけにくいことによって安定した打球をするまでには練習が必要なので扱いに慣れるまでは時間がかかります。

カットマンなど守備型の方は粒高・アンチ

出典:rallys.online

ラバーには表ソフトよりも粒の高めな粒高や、裏ソフトのようにツルツルな表面ですが摩擦力の少ないアンチラバーといった回転がかけずらく弾みにくいラバーを選びましょう。

回転はかけずらいですが、回転の影響を受けづらく相手の回転を利用することに特化しているので、相手が良い球を打ってくるほど良い球で返球することができます。

そのため守備型の選手は上記のようなラバーを片面に貼るようにしましょう。反面には裏ソフトのような攻撃のしやすい扱いやすいラバーを貼っておくことでチャンスを逃すことなく点数をとることができるのでおすすめです。

ラバーのスペックで選ぶ

ラバーには様々な種類がありましたが、同じ種類のラバーの中にも様々な性能のラバーがあります。

そのため自分の重視するポイントを確認した上でラバーの性能から商品を選ぶことも大切です。

コントロール重視の方は高弾性

卓球を始めたばかりの方やコントロール重視のプレーで安定感を求めるという方には弾みすぎない高弾性ラバーという種類のラバーがおすすめです。

高弾性といっても卓球のラバーの中では弾みすぎないラバーの分類になっていて扱いやすいものとなっています。そのためまだ卓球の感覚に慣れていない方はこちらのラバーから初めてみると良いでしょう。

しかし、中級者の方などからするとスピードも物足りず、飛距離も大きくは出ないため扱いにくいと感じることもあるのである程度のレベルの方はこちらではないラバーを選ぶと良いでしょう。

スピードのある球が打ちたい方はテンションラバー

卓球を初めてからある程度練習をしていくうちに「さらにスピードが出したい」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

筋力を上げることでスピードのある球を打つこともできますが、ラバーにテンション加工というものが施されている物を選ぶと簡単にスピードのある球を打つことができます。

最近のテンションラバーは回転のかけやすいスピン系テンションと呼ばれるものが増えていて、スピードだけでなく回転量も上げることができる高性能な物になっているのでさらにレベルの高いプレーをしたいという方はこちらを選びましょう。

回転のある重い球が打ちたい方は粘着ラバー

卓球界では現在中国がトップに君臨していますが、中国の選手たちの打つボールはとても威力があり他国のプロの選手でもいとも簡単にやられてしまうほどになっています。

そのようにパワフルな球を打ちたいという方は粘着ラバーと呼ばれる種類のラバーを購入しましょう。粘着ラバーはその名前の通り表面に粘着が施されていて、ボールに回転を加えることに特化しています。

代わりに弾みは抑えらえていますが、筋力のある選手であれば強力なボールを打つことができるので筋力に自信のある選手は一度試してみると良いでしょう。回転がかけやすく弾まないのはカットマンにちょうど良いため攻撃選手だけでなく守備型の選手にもおすすめです。

スポンジの硬さで選ぶ

ラバーは種類によって様々な種類のスポンジが使用されています。

ラバーのスポンジの硬さによって弾みや使いやすさが変化するのでこちらも観点に入れてラバーを選ぶようにしましょう。

パワーのない女性や中学生以下の選手は柔らかめのラバー

筋力の発達途中の中学生やパワーがあまりない女性はスポンジが柔らかめのラバーを使うことがおすすめです。

スポンジが柔らかいことでボールをラバーに十分に食い込ませることが簡単にできるため、回転をかけることが容易になります。

加えてラバーがボールを保持する時間が長くなるのでコントロールもしやすくなるので、扱いやすいラバーを探している方も柔らかいラバーを選んでみると良いでしょう。

パワーのある高校生や大人の選手は硬めのラバー

筋力が発達してきた高校生や大人の方である程度威力のある球が打ちたいという方は硬めのラバーがおすすめです。

硬めのラバーは柔らかいラバーよりもボールを食い込ませることが難しくなってしまいますが、その分スピードのある威力がある球を打ちやすくなります。

しかし、ラバーの硬さ=重さなのでラバーの硬度が上がるほど重量も増すため、筋力がないうちは怪我の原因となってしまうので控えることがおすすめです。

スポンジの厚さで選ぶ

ラバーのスポンジには様々な柔らかさだけでなく、様々な厚さがあります。

そのため使っているラバーの種類やプレースタイルに合わせてスポンジの厚さを選んでいくことが大切です。

前陣で粒高を使う選手は1枚ラバー

守備型の選手の中には卓球台の近くで相手のボールを受け止めていくスタイルの方がいらっしゃいますが、そのような方はスポンジの入っていない1枚ラバーがおすすめです。

スポンジが入っていないことで硬いラケットの表面に一番近い部分で当たり、ボールが早く離れていくので相手の予想できないような変化のボールを送り出すことが可能です。

スポンジが入っていた方が安定感は生まれますが、変化で勝負をするスタイルを目指している方は1枚ラバーに慣れていくと良いでしょう。

カットマンなどの粒高を使う選手は極薄〜薄

出典:rallys

カットマンのように守備型の選手で後ろに下がりつつ粒高を使用するという選手はスポンジの厚さが極薄(特薄)〜薄の物を使うことがおすすめです。スポンジが薄めのラバーであれば変化もある程度する上に安定感も生まれます。

また、ラバーのスポンジは厚すぎると弾みが生まれてしまうので、相手の強烈なボールを守っていくスタイルの方は厚めのスポンジが向いていません。そのため薄めのスポンジを選択していくことが大切です。

変化の大きさよりも安定感で勝負をしていくスタイルの方は上記のようなスポンジの厚さを選ぶようにしましょう。

卓球を始めたばかりの方は中

卓球を始めたばかりの初心者で右も左もまだわかっていないという方は中という一番オーソドックスな厚さの中というスポンジ厚のラバーを選びましょう。

中のスポンジを使用することでこれでは弾みが足りないのか、丁度良いのかもわかりますし、弾みすぎないためコントロールをつける練習には最適です。

初めてのラバー選びで厚さに悩んだ時や卓球台にとても近い前陣でのプレーが主体の選手は中のスポンジ厚を選びましょう。

中の弾みが物足りない方は厚

「中のスポンジ厚で卓球をやっていたが、レベルアップにつれて弾みが物足りなくなってしまった」と感じている方は厚さを1つあげて厚のスポンジ厚を選んでみると良いでしょう。

中の厚さよりも弾みが加わり、多少後ろに下がってしまっても反撃をしていくことが可能になります。

男子選手で相手のパワーに合わせて台から離れてプレーをするという方は厚を選びましょう。

後陣からもパワフルなプレーがしたい方は特厚

卓球がある程度上達すると練習相手も強くなるため、相手のスピードのあるボールを前で返していくことが難しくなってしまうということもあるでしょう。

そのような際には下がってプレーをすることも多くなるかと思いますが、その時に十分なプレーをするためにラバーのスポンジは特厚にして弾みを調整していくことが大切です。

無理に弾まないラバーを使っていると自分の成長の妨げにもなってしまうので、スポンジの厚さを調整して弾みを加えていくことも検討しましょう。

生産国で選ぶ

卓球のラバーにも生産国がいくつかあり、それぞれちょっとした特徴がありますのでそこも選び方の観点に含めていくことが大切です。

シートが厚めで威力の出るドイツ製

現在ほとんどのラバーの生産国がドイツです。ドイツ製ラバーのほとんどは光沢が弱めでゴムの部分が厚いことです。

ゴムの部分が厚くなっていることである程度の力があれば威力のあるボールを生み出すことができますが、スイングが速い選手でなければ最大の性能を発揮することはとても難しくなっています。

そのため一度使ってみて「自分には難しいかもしれない」と感じた方は日本製のラバーを使用すると良いでしょう。

シートの引っ掛かりが強い日本製

実は日本製のラバーというのは数がそこまで多くありませんが、その分圧倒的なシェアを誇っているラバーもあります。

特徴としては回転をかけることに特化していて、柔らかめのシート(ゴムの部分)を使用していることがほとんどのため力のない日本人でも簡単にスピードのあるボールを打つことが可能です。

しかし、日本製のラバーはシートの柔らかさが影響して傷がつきやすいのに高価な点がデメリットでしょう。それでも勝つためにはお金を惜しまないという方はこちらがおすすめです。

回転がかけやすく硬めの中国製

卓球が国技の中国でも様々なラバーが製造されています。中国製のラバーの特徴はシートに粘着が施されていて、スポンジが硬いことです。

シートに粘着があることで回転をかけられる上にスポンジが硬いのである程度ボールを飛ばすことができるというものですが、テンションラバーではないものがほとんどのため自分の筋力でボールを飛ばす必要があります。

なので自分から積極的にボールに力を加えていくことができるという選手は中国製のラバーを使うと威力も出ますし、他のラバーと違ったクセのある球が出るのでやりづらく強いと思われる選手になることができるでしょう。

卓球ラバーのおすすめ人気ランキング

様々なタイプのラバーがあることはお分りいただけましたでしょうか?

そのような様々なタイプの中から自分にあったラバーはどのようなものかわかったという方はおすすめの商品を参考に実際に商品を探してみると良いでしょう。

高弾性裏ソフトラバーのおすすめランキング3選

高弾性裏ソフトと呼ばれるコントロールに特化しているラバーのランキングをご紹介いたします。初めて卓球をやるという方はこちらのラバーを使用すると良いでしょう。

第3位 スレイバーFX

スレイバーFX
スレイバーFX
出典:amazon.co.jp

2,494円 (税込)

詳細情報
・カラー:006:レッド278:ブラック
・サイズ:MAX・特厚・厚・中・薄
・スピード:10
・スピン:8
・硬度:33
・タイプ:高弾性高摩擦裏ソフト

スレイバーというラバーのスポンジを柔らかくし、さらに使いやすくしたのがこちらのラバーです。過去にテンションラバーのような高性能ラバーが出ていなかった頃には人気が高かったラバーとなっていますので品質としては高いものになっています。

軽めのラバーを選びたいという方はこちらの商品を選ぶと良いでしょう。

第2位 スレイバーEL

スレイバーEL
スレイバーEL
出典:amazon.co.jp

2,052円 (税込)

詳細情報
・カラー:006:レッド278:ブラック
・サイズ:MAX・特厚・厚・中・薄
・スピード:10
・スピン:8
・硬度:35
・タイプ:高弾性高摩擦裏ソフト

こちらは第3位でご紹介したスレイバーFXよりもスポンジが少し硬めになり、一般的なラバーのスポンジ硬度に近づけたものとなっています。

先ほどのFXよりも弾みが多少加わるので、中学生の部活で卓球を始めるという方はまずこちらのラバーを購入すると間違いなく使いやすいものを選ぶことができるでしょう。

第1位 マークV

マークV
マークV
出典:amazon.co.jp

2,068円 (税込)

詳細情報
・厚さ:皮付、特厚、厚、中厚、中、薄、極薄
・スピード:10
・スピン:10
・コントロール:10
・スポンジ硬度:40~40°~45°
・素材/材質: テンション系裏ソフトラバー
・色: 赤、黒

第1位のこちらの商品は先ほどまで紹介してきましたスレイバーシリーズと大きな差があるタイプのラバーではないのですが、コスパの良さで1位に選ばせていただきました。

マークVも高性能ラバーが登場するまで多く使用されていたラバーでとても品質が良いです。

ネームブランドで選ぶか、コスパで選ぶかでどちらのラバーを選ぶか決めると良いでしょう。

テンション系裏ソフトラバーのおすすめランキング3選

ラバーの弾みを向上させる補助剤が禁止されてから市場に登場したテンションラバーですが、現在の卓球市場で最も使用されているラバーになりました。

プロのような回転量のあるスピードボールを打ちたいという方はこちらのラバーを選びましょう。

第3位 ファスタークG-1

ファスタークG-1
ファスタークG-1
出典:amazon.co.jp

4,400円 (税込)

詳細情報
・サイズ:中(C)、厚(A)、特厚(TA)
・中:1.3~1.5mm
・厚:1.7~1.9mm
・特厚:1.9~2.1mm
・裏ソフト
・攻撃用
・スピン:11.8、スピード12.3
・テンション系
・ドイツ系

こちらはドイツ製のラバーでシート、スポンジ共に硬めなので少しスイングが早くなければ使いづらいと感じる方もいらっしゃるラバーです。

高校生のような力のついてきた選手にはとても良い性能を発揮してくれるでしょう。コントロールを重視する方はC-1というもう少し柔らかめのラバーもありますのでそちらをチェックしてみてください。

第2位 V<15 stiff

V<15 stiff
V<15 stiff
出典:amazon.co.jp

4,532円 (税込)

詳細情報
・カラー: 赤・黒
・スポンジ厚: 2.0, MAX(ドイツ基準)
・スポンジ硬度: 硬度45±3(ドイツ基準)
・ラバーの種類: ハイエナジーテンション裏ソフト
・原産国: ドイツ

現在の卓球男子日本代表のユニフォームのスポンサーをしているVICTASというメーカーが発売しているドイツ製のラバーです。

こちらのラバーは様々な硬さがありますが、一番良い硬さなのがこちらのStiffと言われるタイプです。

硬すぎず柔らかすぎず、コントロールも適度にできるラバーになっているので、現在のラバーからレベルアップしたいという方はこちらを試してみてはいかがでしょうか?

第1位 テナジー05

テナジー05
テナジー05
出典:amazon.co.jp

6,830円 (税込)

詳細情報
・厚さ:特厚、厚、中
・スピード: 13
・スピン: 11.5
・スポンジ硬度: 43度

こちらのラバーは現在販売されているラバーの中にはこれに勝てるラバーはないと言われているほど高性能なラバーです。

ラバーでは少し珍しい日本製で、柔らかめのシートにスプリングスポンジと呼ばれる気泡の荒い弾みを生み出すスポンジを搭載しているので回転量、スピード共にトップクラスのラバーになっています。

本当に振っただけで回転がかかってしまうようなラバーなので、少し寿命が短いのが気になりますが貼り替えて数日間はこのラバーを超えるものはないと感じるでしょう。

粘着系裏ソフトラバーのおすすめランキング3選

とにかく回転量を重視してラバーを選びたいという方はこちらの粘着性ラバーを選びましょう。

第3位 タキネスチョップ2

タキネスチョップ2
タキネスチョップ2
出典:amazon.co.jp

2,643円 (税込)

詳細情報
・厚さ:ゴクウス、ウス、中、アツ
・スピード:7.5
・スピン:10
・スポンジ硬度:41°
・素材/材質: 粘着性裏ソフトラバー
・色: 赤、黒

こちらは粘着性ラバーの中でも初心者の方に使っていただけるようなラバーとなっています。

タキネスチョップはチョップという名前の通りカットマンをターゲットにして作られたラバーなので、切れたカットを送ることもできるようになるでしょう。

第2位 狂飈NEO3

狂飈NEO3
狂飈NEO3
出典:amazon.co.jp

3,734円 (税込)

詳細情報
・カラー:レッド(20)、ブラック(71)
・サイズ:特厚
・スピード:11.25
・スピン:15.00
・スポンジ硬度:42.5
・裏ソフト:粘着性
・生産国:日本

こちらは中国製の高粘着ラバーで、強烈な回転量のボールを生み出すことのできる商品です。

NEO2というラバーもあるのですが、そちらよりも多少弾みが加えられており使いやすくなっているので中国製粘着ラバーを使ってみたいという方はおすすめです。

しかし中国製のラバーは硬めなので重量があるので、小学生、中学生よりも高校生になってから使用する方が好ましいでしょう。

第1位 狂飈PRO3ターボ

狂飈PRO3ターボ
狂飈PRO3ターボ
出典:amazon.co.jp

5,165円 (税込)

詳細情報
・カラー:レッド(20)、ブラック(71)
・サイズ:特厚(TA)
・スピード:14.75
・スピン:15.00
・変化:-
・スポンジ硬度:45.0
・裏ソフト:粘着性

こちらの商品は先ほどの狂飈というラバーにオレンジのターボスポンジというものを搭載し、弾みを加えたものになっています。

通常の粘着ラバーは弾みが抑えられすぎていて使いづらいという方もいらっしゃるので、そのような方はこちらの弾みが加えられたものを選ぶと良いでしょう。

粘着系ラバーの特徴である回転量の多いボールにスピードが加わることで強烈なボールを生み出すことができますので興味がある方はこちらを試してみてはいかがでしょうか?

表ソフトラバーのおすすめランキング3選

スピーディな攻撃をしてみたいという方はこちらの表ソフトラバーを選びましょう。

第3位 スーパースピンピップス

スーパースピンピップス
スーパースピンピップス
出典:amazon.co.jp

2,582円 (税込)

詳細情報
・カラー:ブラック( 020 )レッド( 040 )
・サイズ:薄、中、厚、特厚
・ラバー種類:表ソフト
・特徴:表回転系
・スピード: 9.00
・スピン: 8.25

こちらのラバーは粒の配列が横目で表ソフトの中でも回転のかけやすい配列になっているので、裏ソフトラバーから表ソフトになる場合でも多少使いやすいものとなっています。

初めて表ソフトラバーを使用するという方は扱いやすいこちらのラバーを使用してみると良いでしょう。

第2位 ブースターSA

ブースターSA
ブースターSA
出典:amazon.co.jp

2,857円 (税込)

詳細情報
・カラー: 09:ブラック、62:レッド
・原産国: ドイツ製
・タイプ: テンション系、表ソフト
・スポンジの厚み: 特厚(トクアツ)2.2mm、厚(アツ)2.0mm、中(チュウ)1.8mm
・スピンタイプのテンション系表ソフトラバー

こちらは先ほどのラバーと同じく粒の配列が横目の回転がかけやすいタイプの表ソフトなのですが、ラバーにテンション加工が施されているため更に早いスピードも出せるラバーとなっています

元よりスピードが出せることがウリの表ソフトなのでテンション加工されていることでとても威力のあるボールを打つことができ、ラリーで相手の先手をとることも容易になります。

第1位 スペクトル

スペクトル
スペクトル
出典:amazon.co.jp

2,727円 (税込)

詳細情報
・カラー:ブラック( 020 )レッド( 040 )
・サイズ:薄、中、厚、特厚
・特徴:スピード系
・スピード 10.00
・スピン: 6.25

こちらは粒の配列が縦目で回転のかけやすさよりもスピードの出しやすさを重視して作られているラバーで、ナックルボールを駆使して相手の嫌がるプレーをしていくことが可能です。

テンション加工はされていないので初めて表ソフトを使用するという方でも使うことができますが、やはり裏ソフトからの変更だとクセを感じることもあります。

しかし、クセのあるボールを繰り出して相手を惑わせるようなプレーを目指す方はおすすめのラバーです。

粒高ラバーのおすすめランキング3選

カットマンや異質攻守型の選手はこちらの粒高と呼ばれるラバーを使用することがおすすめです。

第3位 フェイントロングⅢ

フェイントロングⅢ
フェイントロングⅢ
出典:amazon.co.jp

2,106円 (税込)

詳細情報
カラー:レッド、ブラック
スピード:6
スピン:4
スポンジ硬度:25
スポンジ厚:超ゴクウス
原産地:日本
タイプ:ツブ高ラバー

フェイントロングⅢはオーソドックスで扱いやすい粒高なのでカットマンの方が初めて使用する時におすすめのラバーです。

粒高は元々は回転のかけにくいラバーですがこちらのラバーは少しであれば回転をかけることができるので、ツッツキなどチャンスになりやすいボールにもしっかりと回転をかけていくことができます。

第2位 カールP-4

カールP-4
カールP-4
出典:amazon.co.jp

2,766円 (税込)

詳細情報
・ラバー種類:粒高
・サイズ:中、薄、特薄
・カット用
・硬度:20±3

こちらのラバーは粒が柔らかめで扱いやすいのでフェイントロングⅢのようにツッツキもある程度の回転がかけられるようになっています。

フェイントロングⅢよりもカットの際の回転がかけやすく、回転量も多くなる傾向にあるのでより切れたカットを繰り出したいという方はこちらのラバーを試してみることがおすすめでしょう。

第1位 カールP-1R

カールP-1R
カールP-1R
出典:amazon.co.jp

2,520円 (税込)

詳細情報
・カラー:ブラック( 020 )レッド( 040 )
・サイズ:特薄、薄、中
・ラバー種類:ツブ高
・特徴:変化系、カットショート

こちらはカールP-4よりも粒にコシがあり反発力があるので、回転量の上限がないといえるくらい切れたボールを繰り出すことのできるラバーです。

しかし、粒にコシがあるせいで切れたツッツキを出すことは少々難しくなっており、ナックル性のボールになってしまいチャンスを与えてしまうこともあります。

そのようなデメリットもありますが、とても変化幅の大きい粒高になっていますので変化重視のプレーをする方にはおすすめです。

アンチラバーのおすすめランキング2選

現在はあまり使用する人を見かけなくなってしまったアンチラバーですが、変化で相手を惑わせて点数を取りたいという方はこちらのラバーを選びましょう。

第2位 スーパーアンチ

スーパーアンチ
スーパーアンチ
出典:amazon.co.jp

1,848円 (税込)

詳細情報
・厚さ: ウス、アツ
・スピード: 4
・スピン: 3
・スポンジ硬度: 25
・素材/材質: アンチラバー
・色: 赤、黒

表面が滑るように加工してあるアンチラバーは回転をかけられないと思われがちですが、粒高のように相手の回転を反転して返すためとても回転量の多いボールを返すことも可能です。

その中でもオーソドックスなこちらのラバーはアンチを試してみたいという方にはおすすめになります。

第1位 アンチパワー

アンチパワー
アンチパワー
出典:amazon.co.jp

1,818円 (税込)

詳細情報
・カラー:赤(20)、黒(90)
・ラバー種類:裏ソフト
・スピード:4
・スピン:3マイナス
・スポンジ厚さ:特厚、厚、中、薄

こちらのラバーもスーパーアンチと同じく表面が滑る加工をしているため、回転のかからないナックルボールを駆使して戦っていくようなラバーになります。

ちょっとしたコストの面でこちらを1位に選びましたが性能としては大きな差があるわけではなく、どちらも入門用として最適なアンチなので変化で戦いたいという方はぜひ一度試してみると良いでしょう。

おすすめの卓球ラバーの比較一覧表

商品画像アンチパワースーパーアンチカールP-1RカールP-4フェイントロングⅢスペクトルブースターSAスーパースピンピップス狂飈PRO3ターボ狂飈NEO3タキネスチョップ2テナジー05V<15 stiffファスタークG-1マークVスレイバーELスレイバーFX
商品名アンチパワースーパーアンチカールP-1RカールP-4フェイントロングⅢスペクトルブースターSAスーパースピンピップス狂飈PRO3ターボ狂飈NEO3タキネスチョップ2テナジー05V<15 stiffファスタークG-1マークVスレイバーELスレイバーFX
価格1,818円(税込)1,848円(税込)2,520円(税込)2,766円(税込)2,106円(税込)2,727円(税込)2,857円(税込)2,582円(税込)5,165円(税込)3,734円(税込)2,643円(税込)6,830円(税込)4,532円(税込)4,400円(税込)2,068円(税込)2,052円(税込)2,494円(税込)
詳細・カラー:赤(20)、黒(90)
・ラバー種類:裏ソフト
・スピード:4
・スピン:3マイナス
・スポンジ厚さ:特厚、厚、中、薄
・厚さ: ウス、アツ
・スピード: 4
・スピン: 3
・スポンジ硬度: 25
・素材/材質: アンチラバー
・色: 赤、黒
・カラー:ブラック( 020 )レッド( 040 )
・サイズ:特薄、薄、中
・ラバー種類:ツブ高
・特徴:変化系、カットショート
・ラバー種類:粒高
・サイズ:中、薄、特薄
・カット用
・硬度:20±3
カラー:レッド、ブラック
スピード:6
スピン:4
スポンジ硬度:25
スポンジ厚:超ゴクウス
原産地:日本
タイプ:ツブ高ラバー
・カラー:ブラック( 020 )レッド( 040 )
・サイズ:薄、中、厚、特厚
・特徴:スピード系
・スピード 10.00
・スピン: 6.25
・カラー: 09:ブラック、62:レッド
・原産国: ドイツ製
・タイプ: テンション系、表ソフト
・スポンジの厚み: 特厚(トクアツ)2.2mm、厚(アツ)2.0mm、中(チュウ)1.8mm
・スピンタイプのテンション系表ソフトラバー
・カラー:ブラック( 020 )レッド( 040 )
・サイズ:薄、中、厚、特厚
・ラバー種類:表ソフト
・特徴:表回転系
・スピード: 9.00
・スピン: 8.25
・カラー:レッド(20)、ブラック(71)
・サイズ:特厚(TA)
・スピード:14.75
・スピン:15.00
・変化:-
・スポンジ硬度:45.0
・裏ソフト:粘着性
・カラー:レッド(20)、ブラック(71)
・サイズ:特厚
・スピード:11.25
・スピン:15.00
・スポンジ硬度:42.5
・裏ソフト:粘着性
・生産国:日本
・厚さ:ゴクウス、ウス、中、アツ
・スピード:7.5
・スピン:10
・スポンジ硬度:41°
・素材/材質: 粘着性裏ソフトラバー
・色: 赤、黒
・厚さ:特厚、厚、中
・スピード: 13
・スピン: 11.5
・スポンジ硬度: 43度
・カラー: 赤・黒
・スポンジ厚: 2.0, MAX(ドイツ基準)
・スポンジ硬度: 硬度45±3(ドイツ基準)
・ラバーの種類: ハイエナジーテンション裏ソフト
・原産国: ドイツ
・サイズ:中(C)、厚(A)、特厚(TA)
・中:1.3~1.5mm
・厚:1.7~1.9mm
・特厚:1.9~2.1mm
・裏ソフト
・攻撃用
・スピン:11.8、スピード12.3
・テンション系
・ドイツ系
・厚さ:皮付、特厚、厚、中厚、中、薄、極薄
・スピード:10
・スピン:10
・コントロール:10
・スポンジ硬度:40~40°~45°
・素材/材質: テンション系裏ソフトラバー
・色: 赤、黒
・カラー:006:レッド278:ブラック
・サイズ:MAX・特厚・厚・中・薄
・スピード:10
・スピン:8
・硬度:35
・タイプ:高弾性高摩擦裏ソフト
・カラー:006:レッド278:ブラック
・サイズ:MAX・特厚・厚・中・薄
・スピード:10
・スピン:8
・硬度:33
・タイプ:高弾性高摩擦裏ソフト
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

卓球ラバーの貼り方

卓球ラバーを貼る際にはちょっとしたポイントがあるため自分で貼ることができないという方もいらっしゃるでしょう。

しかし自分で貼ることができれば通販などで安くラバーを購入することもできるようになると思います。

そのためここからは卓球のラバーを貼る際のポイントをご紹介いたしますので、ご自分でラバーが貼れないという方はぜひチェックしてみてください。

しっかりと専用の糊を塗る

出典:amazon

稀にですが卓球のラバーをボンドや瞬間接着剤で貼ってしまったという方を見かけますが絶対にやめましょう。ラケットを傷つけてしまいますし、ラバーの本当の性能を発揮することができなくなってしまいます。

卓球のラバーを貼る際にはメーカーが出している専用の接着剤を使用しましょう。

スポンジ面、ラケット面に満遍なく接着剤を塗ろう

出典:butterfly

専用の接着剤が用意できましたら糊を伸ばす専用のスポンジを用意して、ラバーのスポンジおよびラケットの表面に接着剤を塗っていきます。この際なるべく薄く、ムラのできないように塗っていきましょう。

ムラができてしまうと接着した際に凹凸ができてしまってプレーに影響を及ぼしますので注意しましょう。

しっかりと塗ることができたら接着剤を乾かし、透明になるまで放置してから貼り付けるようにしてください。そうでなければ十分な接着力が生まれず、すぐに剥がれてしまいます。

切るときはラケットを回して切る

出典:butterfly

ラバーを貼る際に一番の難関がラバーを切るという作業です。何も知識がないうちに切ってしまうとビビりながら切ってしまい、ラバーの端っこがガタガタになってしまいます。

ラバーを切る際には少しづつ切らず一回で大きく切るようにして、ハサミを操作するのではなくラケットを回して切るようにすることでうまく切ることができます。

はじめのうちは難しいかもしれませんが慣れてしまえばすぐにできる作業なので挑戦してみても良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ご自身に合うラバーは見つかりましたか?

無理して自分の実力以上のラバーを使用しても本当の力を発揮することができず負けてしまうこともあります。そのため自分のスタイルにあったラバーを見つけて最高の結果を手にしてくださいね。

kanpopo

モノの編集部

あなたに最適な商品を紹介する「モノの」の編集部です。

この記事のURLとタイトルをコピーする

あなたの悩みを薬剤師に直接相談できます

LINE@で薬剤師に相談する
「どんな薬がおすすめなのかわからない・・・」
「他にもないか知りたい・・・」
などの悩みに薬剤師が直接ご回答いたします。

ご相談だけでなく

役に立つ情報もお届けいたします!

関連記事

【薬剤師監修】腱鞘炎におすすめの湿布人気ランキング10選【手首や指の辛い痛みに】

「初めて卓球をするけどどんなラバーを選べば良いかわからない」「今のラバーでは満足できないがどのように選べば良いかわからない」という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? 確かに近年では様々な高性能ラバーが登場しているため選ぶの

【薬剤師監修】多汗症におすすめの漢方人気ランキング10選【私生活での汗が気になる方に】

「初めて卓球をするけどどんなラバーを選べば良いかわからない」「今のラバーでは満足できないがどのように選べば良いかわからない」という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? 確かに近年では様々な高性能ラバーが登場しているため選ぶの