• ウェーブメダル5
  • ウェーブカイザーブルク5
  • ウェーブドライブZ
  • アタックSP3
  • アタックエクスカウンター2

【キッズから大人まで】卓球シューズのおすすめ人気ランキング12選

2018/03/15
卓球

「卓球を本格的に始めたいがどのようなシューズが良いのかわからない」「卓球のシューズの違いが分からず選ぶことができない」という方はいらっしゃいませんか?

確かに卓球のシューズにも様々な種類があり、それぞれに特徴があります。しかし、見た目だけでは違いが分からず値段の違いはどこから来ているものなのか分からず選ぶことができないですよね。

そのような方のために卓球シューズの選び方をご紹介いたします。自分にぴったりのシューズを見つけて怪我を防ぎ最高のプレーを目指しましょう。

卓球シューズの選び方

卓球のシューズには様々な特徴があるので、当然のことながらそれぞれ違った履き心地になっています。

そのため自分にあったシューズを探す際には自分が一番欲しいと思う性能を探して選ぶようにしましょう。

戦型で選ぶ

まずは自分のスタイルに合わせてシューズを選ぶことが第一でしょう。

スタイルに合ったシューズを履くことで足を怪我から守ることもできますし、満足のいくパフォーマンスをすることも可能です。

攻撃選手は横の激しい動きに対応する軽量タイプ

現在の卓球界での主流である攻撃を主体としてプレーをしていく選手は相手の攻撃に素早く反応し、素早い動きをすることが求められます。

そのため素早い動きを可能にする軽量タイプのシューズがおすすめです。軽量タイプのシューズですと自分の俊敏な動きの妨げをすることなく、プレーをすることができます。

横への移動が多い攻撃型の選手には軽量タイプが最適と言えるでしょう。

カットマンは前後の動きに強い厚底タイプ

出典:rallys.online

カットマンと呼ばれる後ろに下がって相手の攻撃をいなしていくスタイルの戦型の方は全体的にそこが厚めのシューズやかかとが高めのシューズがおすすめです。

そこの薄い軽量タイプですとカットマンの激しい前後への動きに耐えきれず劣化が早くなってしまったり怪我をしてしまうことがあります。

そのため、前後の動きに大切なかかとや足全体を守ることのできるそこが厚めのシューズがおすすめです。

異質攻撃選手はスタイルに合わせたタイプを選ぶ

両面で違うラバーを貼っている異質攻撃型の選手は自分のスタイルに合わせてシューズを選びましょう。

異質攻撃型の選手は攻撃型の選手やカットマンと違って前後の動きや左右の動きが激しいというような決まった特徴がなく、それぞれ自分の勝ちやすいスタイルに変化しています。

そのためすぐに攻撃に転じる方は軽量タイプ、自分の足を守ることを重視する方は厚底タイプというように自分のスタイルや好みに合わせてシューズを選ぶと良いでしょう。

履きやすさで選ぶ

人はそれぞれ足の形が違うので普通に靴を選ぶときにもメーカーによってフィット感が違うことなどがありますよね。

プレー中にも心地よく履いていくために履きやすいシューズを探しましょう。

ジュニア選手にはジュニア専用モデル

ジュニア選手の方は小さめに設計されていたり、マジックテープで履きやすいタイプのシューズがおすすめです。大人用の紐履ですと紐を踏んで転んでしまったり、紐を結ぶのが少し難しかったりとジュニア選手には合わないことがあります。

そのため小さいうちにはジュニア選手ように設計されているシューズを履くと良いでしょう。

※ここでのジュニアは幼児〜小学生までをさしています。

足の横幅が広い方は幅広タイプもおすすめ

足の横幅が広いためいつもシューズを1、2センチ程度大きく買っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そのような方におすすめなのが幅広タイプのシューズです。

通常よりも横幅が大きめに設計されているため足の幅が広いという方にもちょうど良いサイズで履いていただけるので、足の先が余ることなく心地よいフィット感を得ることができます。

ベロがシューズと一体になっているタイプもおすすめ

通常のシューズはベロの部分が自由に動くためシューズを履く際などに動いてしまって履きづらいと感じることもあるでしょう。

そのような方はシューズとベロの部分が完全にくっついているタイプのシューズがおすすめです。完全にくっついていることで脱ぐ際にも履く際にもベロが邪魔にならずストレスも溜まりません。

自分の履きやすいシューズをしっかりと選んで履いていけるようにしましょう。

グリップ力で選ぶ

卓球の動作は激しいため強いグリップ力のあるシューズ出ないと滑ってしまい力強い打球をすることもできませんし、怪我をしてしまうこともあり危険です。

そのため卓球のシューズはグリップ力で選ぶようにしましょう。グリップ力の強いシューズであればプレー中に滑ることもありませんし、良いところでシューズのせいでミスをしてしまうということも少なくなります。

最後の一本を確実に取っていくためにはシューズの性能は重視していくことが大切でしょう。

通気性で選ぶ

運動をしている時にはやはり汗はつきものですよね。そのため足まで汗をかいてしまい蒸れてしまうということも多くあるでしょう。

そのような悩みを抱えているという方は通気性の良いシューズを購入することがおすすめです。

10000円台くらいのシューズになるとシューズの底に通気口が設けられており、中が蒸れないように工夫されているので汗が気になるという方には最適でしょう。

サイズで選ぶ

シューズを選ぶ際に機能も大きな観点となりますが、サイズも大きな観点となります。

大きめのサイズのシューズを選んでしまうとプレー中に脱げてしまうこともありますし、小さすぎると自分の足を痛める原因となってしまうことがあります。

外で履く靴を大きめで購入するという方もいらっしゃるかと思いますが、卓球のシューズは大きすぎず、小さすぎずで購入することがおすすめです。

ちょうど良いサイズの確認方法

大きすぎず、小さすぎずと言われてもどのようなサイズか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

そのような方はシューズを履いてみた際にかかとに人差し指を入れてみてください。そこで指が入りづらくもなく、緩くもないちょうど良いサイズであれば自分の足に適しているサイズとなります。

上記のような方法を試してみてちょうど良いサイズのシューズを探してみてください。

価格で選ぶ

お子様は足のサイズが変わっていきますし、たくさん練習している大人の方もシューズの消耗が激しいということもありますよね。

そのような方はシューズを変える頻度が多いかと思われますが、その際に毎回高額なシューズを購入していくことは難しいでしょう。

そのため無理のない範囲の値段でシューズを選んでいくこともおすすめです。

卓球シューズのおすすめ人気ランキング

卓球シューズには様々なタイプがありますので、それぞれタイプ別のおすすめ商品をご紹介いたします。

選び方の中から自分に最適だなと思ったもののおすすめ商品をぜひチェックしてみてください。

軽量シューズのおすすめランキング2選

まずは軽量で動きやすいシューズのおすすめ商品をご紹介いたします。攻撃を主体として俊敏なフットワークをしていく方はこちらの商品をチェックしてみてください。

第2位 ウェーブドライブZ

ウェーブドライブZ
ウェーブドライブZ
出典:amazon.co.jp

8,353円 (税込)

詳細情報
・靴幅: 2E

・メイン素材: 人工皮革

・ソール素材または裏地: 合成底

・ヒールの高さ: 2.5 cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ:1.5cm

ミズノから発売されているこちらの商品は少々かかとが高めで足も守ってくれる優れものですが、軽量なのも特徴的なシューズです。

そのため左右の動きだけでなく前後の動きにも多少強いので、全体的にバランスの良いシューズとも言えるでしょう。

色も派手なものが多いのでユニフォームに合わせて目立たせたい方はこちらの商品を選ぶのも良いですよ。

第1位 アタックエクスカウンター2

アタックエクスカウンター2
アタックエクスカウンター2
出典:rakuten.co.jp

9,451円 (税込)

詳細情報
・サイズ: 22.5〜28.0(2E相当)

・原産国/地域: ベトナム

・素材 
アッパー/本体=合成繊維+人工皮革製 
アウターソール/ゴム底 
インナーソール/取り外し式
補強=人工皮革製

軽量シューズといったらこれといっても良いほどおすすめのシューズです。こちらの商品は素足感覚で動けるということがウリになっているので、その通りに軽量で動きやすい構造となっております。

シューズの底には通気孔があるので蒸れにくいように工夫も施されているため汗が気になってしまうという方にもおすすめです。

横への動きに強いシューズとなっているので攻撃主体で台の近くでプレーをするという方はこちらの商品を購入すると良いでしょう。

底が厚めのシューズランキング2選

次に底が厚めで足を守るように作られているシューズのランキングをご紹介いたします。こちらは足をしっかり保護して安全に卓球をしていきたいという方におすすめです。

第2位 アタックSP3

アタックSP3
アタックSP3
出典:amazon.co.jp

6,401円 (税込)

詳細情報
・メイン素材: 人工皮革

・ソール素材または裏地: 合成底

・ヒールの高さ: 2.5 cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ:2cm

こちらの商品はアシックスから発売されている商品で、軽量なシューズが多めなアシックスの中では珍しく底が厚いタイプになっています。

色も落ち着いていてどのようなユニフォームにも合わせやすいためデザインで選びたいという方にもおすすめの商品です。

第1位 ウェーブメダル5

ウェーブメダル5
ウェーブメダル5
出典:amazon.co.jp

6,863円 (税込)

詳細情報
・メイン素材: 人工皮革

・ソール素材または裏地: 合成底

・ヒールの高さ: 2cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ: 1.5cm

ウェーブメダル5は全体的に底が厚めですが重さも気になることなく履くことのできるシューズです。

シューズの底には通気孔がついていて蒸れ対策もされていますし、シューズの周りは革なので布のように簡単に破けてしまうこともありません。

前後の動きにも割と強めなのでカットマンの方などにはおすすめでしょう。

フィット感の良いシューズおすすめランキング3選

プレー中にシューズの履き心地が悪いと気になってしまい集中できなくなってしまうという方もいらっしゃいます。

そのためフィット感の良さのある商品をご紹介いたします。

第3位 ウェーブカイザーブルク5

ウェーブカイザーブルク5
ウェーブカイザーブルク5
出典:amazon.co.jp

6,145円 (税込)

詳細情報
・メイン素材: 人工皮革

・ソール素材または裏地: 合成底

・ヒールの高さ: 3cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ: 1cm

こちらの商品はミズノの中では数少ない幅広の商品となっていますので、足の横幅が広いと感じている方にはおすすめのシューズです。

通常のシューズだと横幅が狭いため大きなサイズを購入しなければならないという方はこちらのシューズを購入しましょう。

第2位 アタックブレードライト4

アタックブレードライト4
アタックブレードライト4
出典:amazon.co.jp

10,950円 (税込)

詳細情報
・サイズ: 22.5〜28.0(EE相当)

・原産国/地域: ベトナム

・素材 
アッパー/本体=合成繊維+合成樹脂
・人工皮革製
アウターソール=ゴム底 
インナーソール=取り外し式

こちらのシューズは安定感のある履き心地をコンセプトとして作られた商品なので、履き心地が良く動きやすい商品となっています。外側はメッシュでできていて、底には通気孔も設けられているので通気性も抜群のシューズです。

色も真っ青なものと白の2色があるので落ち着いたデザインが好きな方も派手なシューズで目立たせたい方にもおすすめでしょう。

第1位 Attack Dominate FF

Attack Dominate FF
Attack Dominate FF
出典:amazon.co.jp

12,900円 (税込)

詳細情報
・ソール素材または裏地: 合成底

・ヒールの高さ: 3cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ: 2cm

Attack Dominate FFは見た目こそフットサルなどにありそうなデザインですが、クッション性・フィット感ともに最高のシューズといえるほどの商品になっています。

それだけでなく、グリップ力も抜群で様々な体育館や卓球場でも滑ることなくプレーをすることができるでしょう。

外側をシームレスにすることで強度も上がっており、軽量化もされているため不自由のない最高のプレーができるシューズに仕上がっています。

コスパの良いおすすめシューズランキング3選

シューズを選ぶ際にまだそこまでお金をかけることができないという方もいらっしゃるでしょう。そのような方はコスパでシューズを選び、今後どのような機能を重視してシューズを購入するかの参考にしましょう。

第3位 ジェットインパクト

ジェットインパクト
ジェットインパクト
出典:amazon.co.jp

2,704円 (税込)

詳細情報
・素材:アッパー/PU、マイクロファイバー、アウトソール/ゴム
・カラー:ブルー、ブラック
・ サイズ:22.0〜28.0cm
・原産国:中国

こちらは本当にコスパのみを重視したいという方におすすめの商品です。卓球シューズの中でも格段に安価でお買い求めやすい価格になっています。

その代わりに値段相応の機能となっているので他のアシックスやミズノのような靴に力を入れているメーカーの商品には劣りますので気をつけましょう。

第2位 アタックハイパービートSP2

アタックハイパービートSP2
アタックハイパービートSP2
出典:amazon.co.jp

3,383円 (税込)

詳細情報
・靴幅: 2E

・メイン素材: 合成繊維

・ソール素材または裏地: ゴム

・ヒールの高さ: 2cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ: 1cm

安価なシューズですが、軽量でとても動きやすいものになっています。しかし、通気性という面ではあまり優れていないので気をつけましょう。

素足感覚で履けるシューズを試してみたいという方はこちらのシューズを試しに購入してみてから、ハイエンドモデルの素足感覚、軽量モデルに手を出してみると良いでしょう。

第1位 クロスマッチプリオRX4

クロスマッチプリオRX4
クロスマッチプリオRX4
出典:amazon.co.jp

4,772円 (税込)

詳細情報
・メイン素材: 合成繊維

・ソール素材または裏地: 合成底

・ヒールの高さ: 2cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ: 1cm

クロスマッチプリオは安価なモデルではありますが、質の良いインソールを採用しているため足への負担も大きくなりにくくなっています。

かかと付近に気持ち程度ですがこの価格帯では珍しい通気孔が採用されています。外側もメッシュになっているため通気性が良く値段以上の性能を感じることも可能でしょう。

初めて卓球シューズを選ぶ際に悩んだ方はこちらのシューズを購入することがおすすめです。

工夫の施された一風変わったシューズランキング2選

特殊な機能を搭載していないタイプのシューズもありますが、他のシューズと一風変わった工夫が施されているシューズも存在しています。

そのような特殊なシューズを選んでみても良いでしょう。

第2位 ウェーブメダルSP3

ウェーブメダルSP3
ウェーブメダルSP3
出典:amazon.co.jp

11,186円 (税込)

詳細情報
・メイン素材: 人工皮革

・ソール素材または裏地: 合成底

・ヒールの高さ: 2cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ: 1.5cm


こちらのシューズの特徴は靴紐を結ぶのではなく、ダイヤルを回すことによってシューズの紐を調整していくタイプの商品になっています。

そのため全体的にシューズの紐をきつくすることも容易にできますし、緩くする時もボタンを引くことで簡単にできるので、いつもシューズの紐を調整するのが面倒に感じているという方にはおすすめです。

第1位 ウェーブドライブNEO

ウェーブドライブNEO
ウェーブドライブNEO
出典:amazon.co.jp

9,826円 (税込)

詳細情報
・靴幅: 2E

・ソール素材または裏地: 合成底

・ヒールの高さ: 3cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ:1.5cm

こちらの特徴はベロがシューズと一体になっているため、履く際にベロが中に入り込んでしまいイライラするということも無くなっていますし、ベロを無くしたことによって軽量化もされたという点です。

ベロの部分は伸びる素材を使用しているため足の甲が高めという方にも履いていただけるでしょう。

素足感覚で履ける軽量シューズのため前陣でのプレーをするような方におすすめなので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

おすすめの卓球シューズの比較一覧表

商品画像ウェーブドライブNEOウェーブメダルSP3クロスマッチプリオRX4アタックハイパービートSP2ジェットインパクトAttack Dominate FFアタックブレードライト4ウェーブカイザーブルク5ウェーブメダル5アタックSP3アタックエクスカウンター2ウェーブドライブZ
商品名ウェーブドライブNEOウェーブメダルSP3クロスマッチプリオRX4アタックハイパービートSP2ジェットインパクトAttack Dominate FFアタックブレードライト4ウェーブカイザーブルク5ウェーブメダル5アタックSP3アタックエクスカウンター2ウェーブドライブZ
価格9,826円(税込)11,186円(税込)4,772円(税込)3,383円(税込)2,704円(税込)12,900円(税込)10,950円(税込)6,145円(税込)6,863円(税込)6,401円(税込)9,451円(税込)8,353円(税込)
詳細・靴幅: 2E

・ソール素材または裏地: 合成底

・ヒールの高さ: 3cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ:1.5cm
・メイン素材: 人工皮革

・ソール素材または裏地: 合成底

・ヒールの高さ: 2cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ: 1.5cm

・メイン素材: 合成繊維

・ソール素材または裏地: 合成底

・ヒールの高さ: 2cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ: 1cm
・靴幅: 2E

・メイン素材: 合成繊維

・ソール素材または裏地: ゴム

・ヒールの高さ: 2cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ: 1cm
・素材:アッパー/PU、マイクロファイバー、アウトソール/ゴム
・カラー:ブルー、ブラック
・ サイズ:22.0〜28.0cm
・原産国:中国
・ソール素材または裏地: 合成底

・ヒールの高さ: 3cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ: 2cm
・サイズ: 22.5〜28.0(EE相当)

・原産国/地域: ベトナム

・素材 
アッパー/本体=合成繊維+合成樹脂
・人工皮革製
アウターソール=ゴム底 
インナーソール=取り外し式
・メイン素材: 人工皮革

・ソール素材または裏地: 合成底

・ヒールの高さ: 3cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ: 1cm
・メイン素材: 人工皮革

・ソール素材または裏地: 合成底

・ヒールの高さ: 2cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ: 1.5cm
・メイン素材: 人工皮革

・ソール素材または裏地: 合成底

・ヒールの高さ: 2.5 cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ:2cm
・サイズ: 22.5〜28.0(2E相当)

・原産国/地域: ベトナム

・素材 
アッパー/本体=合成繊維+人工皮革製 
アウターソール/ゴム底 
インナーソール/取り外し式
補強=人工皮革製
・靴幅: 2E

・メイン素材: 人工皮革

・ソール素材または裏地: 合成底

・ヒールの高さ: 2.5 cm

・留め具の種類: レースアップ

・ソールの厚さ:1.5cm
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

卓球シューズの替え時

卓球のシューズの底はゴムなのでプレーをしていると段々とそこが削れてきてしまいます。そのためプレー中に滑ると感じるようになった時点で新たなシューズの購入を検討することがおすすめです。

「まだ替えてから時間が経っていないし…」と思っていても滑るようになってしまった時点でそのシューズは寿命であるということを受け入れて新たなシューズを購入するようにしましょう。

まとめ

卓球シューズにも様々な特徴があり、様々な選び方が存在しています。ご自分のプレーに合わせて選んでいくことができれば、プレー中に集中力を欠くことも少なくなりますし、足の保護にもつながります。

自分はどのような性能を重視するのかをしっかりと確認した上でお好きなデザイン、性能のシューズを探してみてください。

kanpopo

モノの編集部

あなたに最適な商品を紹介する「モノの」の編集部です。

この記事のURLとタイトルをコピーする

あなたの悩みを薬剤師に直接相談できます

LINE@で薬剤師に相談する
「どんな薬がおすすめなのかわからない・・・」
「他にもないか知りたい・・・」
などの悩みに薬剤師が直接ご回答いたします。

ご相談だけでなく

役に立つ情報もお届けいたします!

関連記事

【薬剤師監修】腱鞘炎におすすめの湿布人気ランキング10選【手首や指の辛い痛みに】

「卓球を本格的に始めたいがどのようなシューズが良いのかわからない」「卓球のシューズの違いが分からず選ぶことができない」という方はいらっしゃいませんか? 確かに卓球のシューズにも様々な種類があり、それぞれに特徴があります。しかし、見た目だけ

【薬剤師監修】多汗症におすすめの漢方人気ランキング10選【私生活での汗が気になる方に】

「卓球を本格的に始めたいがどのようなシューズが良いのかわからない」「卓球のシューズの違いが分からず選ぶことができない」という方はいらっしゃいませんか? 確かに卓球のシューズにも様々な種類があり、それぞれに特徴があります。しかし、見た目だけ