最先端の医療知識をもとに患者様の健康を守る「日比耳鼻咽喉科 日比達也院長」

2018/10/19
インタビュー

名古屋市砂田橋に位置する「日比耳鼻咽喉科」は、豊富な臨床経験に基づくていねいな治療を売りとする診療所である。数々の処置を用意しており、耳鼻咽喉に関する悩みを幅広く解決してくれると評判だ。

38年も続くこの診療所の院長である日比達也さんは、2014年に父から院長を引き継ぎ、大規模病院よりもていねいな診療を心掛けているという。

今回は日比院長に医師を目指した理由や歩んできた道のり、さらに理想の医師像までたっぷりと教えていただいた。

耳鼻咽喉科と日比院長の出会い

Q1,医師を目指すようになったきっかけ、そして耳鼻咽喉科という医療分野に興味を持った理由についてお聞かせください。

父が耳鼻咽喉科医だったことが大きなきっかけですが、他にもいろいろな理由があります。

私は小さい頃から工作が得意だったので、手先を活かして困難な手術をやりたいと思っていました。そのため内科系ではなく外科系の科目を希望していましたが、自分の性格からして、体育会系の外科や整形外科は合っていませんでした。

最終的に耳鼻咽喉科と眼科を迷いましたが、親孝行をしようという思いもあり、耳鼻咽喉科を選びました。

また、自分自身が中学生のころから大学生になっても扁桃炎を繰り返していたことも大きかったです。大学6年の時に扁桃摘出術を受け、熱を出すことはなくなりましたが、こうした経験からも、耳鼻咽喉科を身近な存在に感じていました。

手術者としての立場から経営者へ

Q2,日比様自身、これまでどのような医師を目標に歩んで来られましたか?その過程での意識の変化についても教えてください。

大学病院や勤務医の時は勉強して、手術の腕を磨いて、県内有数の術者になることが目標でした。中京病院では耳鼻咽喉科の長として、科の発展と後輩の育成にも注力しておりました。

しかし開業を機に経営者として医院経営を軌道に乗せて永続できるようにすること、地域社会に必要とされる医院になること、従業員にとってよき職場を提供すること、が重要な要素となってきました。

もちろんそれと同時に、医療の内容は常に最新の情報を勉強して、診療に反映させられるようにしたいと思っています。

患者さんの喜びが自分の喜び

Q3,医師として喜びや、やり甲斐を感じた瞬間はどんな時ですか?

患者さんが喜んでくれた時というのがやはり一番です。直接言われることは少ないかもしれませんが、人伝に聞くと信憑性があり、ありがたいと思います。

その他にも勤務医の頃は自分の技術が上がること、新しい手術ができるようになったり、完成度が高まったりすることや、指導した後輩が活躍していることなども大きな喜びでした。

開業して、今後のやりがいとしては従業員の皆が、働いて良かったと思える職場づくりをすることも大事な要素になりました。

症状改善だけでなく、患者様の将来の健康を守るという責任感

Q4,医師として大切なことはなんだとお考えですか?

今現在の病状を改善することはもちろんですが、将来の健康を守ることに責任があると思います。

今現在症状がないとか、困っていないとかで放置せず、今から治療したり生活で心がけたりすることで病状の進展を防ぐとか、病気を予防するとかできることがあります。そのような場合にはできるだけ病気の説明や治療の選択肢を示したりしています。

インターネットと医療の関係とは

Q5,インターネット上には今も間違えた医学的な情報が飛び交っていますが、日比院長は医療メディアの現状についてどのようなご意見をお持ちですか?

私もネットで医学的なことを調べることは頻繁にあります。一般的に言われているほど間違った情報はないように思います。ただし、特定の人の利益につながるようないわゆる広告記事はゆがめられている可能性がありますし、個人の感想は特に注意すべきです。

医療機関の口コミ評価は特に今後問題となってくるでしょう。飲食店などはプラスの気分で行くところなので良い口コミが書かれますが、医療はマイナスの気分で行くところなので良い口コミは書かれにくく、むしろたまたま合わなかった人が悪い評価をする場になっている気がします。

最高レベルの治療技術を持つ診療所へ

Q6,「日比耳鼻咽喉科」のアピールポイントは何ですか?

当院は病院ではなく診療所です。

この診療所では赤ちゃんからお年寄りまで幅広く、風邪から慢性疾患まで診ています。病院では画像診断機器が充実していたり、入院・手術にも対応していますが、医師のレベルはまちまちです。当院は診療所ですが、診療所としては最高レベルの診断・治療技術を目指しています。

ちょっと難しい病気になるとすぐに病院に紹介する診療所もありますが、当院でできることは当院で対応し、病院よりも優れた治療ができるように心がけています。

編集後記

診療所に来た患者の将来的な健康を守りたいという日比院長の心構えは、地域に根差した医療のあるべき姿であるように感じた。また診療所の従業員の労働環境を向上させるという言葉からは、院長としての並々ならぬ覚悟を感じることができた。

今回いただいた貴重な意見を参考に、より分かりやすいサイト作りを心掛けていきたい。

この度はインタビューをお受けいただき、ありがとうございました。

この記事に登場する専門家

あなたに最適な商品を紹介する「モノの」の編集部です。

この記事のURLとタイトルをコピーする

あなたの悩みを薬剤師に直接相談できます

LINE@で薬剤師に相談する
「どんな薬がおすすめなのかわからない・・・」
「他にもないか知りたい・・・」
などの悩みに薬剤師が直接ご回答いたします。

ご相談だけでなく

役に立つ情報もお届けいたします!

関連記事

【薬剤師監修】腱鞘炎におすすめの湿布人気ランキング10選【手首や指の辛い痛みに】

名古屋市砂田橋に位置する「日比耳鼻咽喉科」は、豊富な臨床経験に基づくていねいな治療を売りとする診療所である。数々の処置を用意しており、耳鼻咽喉に関する悩みを幅広く解決してくれると評判だ。 38年も続くこの診療所の院長である日比達也さん

【薬剤師監修】多汗症におすすめの漢方人気ランキング10選【私生活での汗が気になる方に】

名古屋市砂田橋に位置する「日比耳鼻咽喉科」は、豊富な臨床経験に基づくていねいな治療を売りとする診療所である。数々の処置を用意しており、耳鼻咽喉に関する悩みを幅広く解決してくれると評判だ。 38年も続くこの診療所の院長である日比達也さん